借金があるのに妊娠した時はどうすればいい? やる気になれば子供は育てられれる!

借金があっても子供は育てられる!

借金があると出産や結婚をすることができないと考える人もいるようです。

管理人は、借金がない状態で結婚・出産しましたが、その後、借金が200万円を超えて任意整理しました。

それでも子供は元気に育っていますし、借金も今では完済しています。(任意整理とは、元本のみ返済にしてもらう)

子供はお金がかかると考えている人も多いですが、実際には食費や洋服代などくらいで、小学校に上がれば学費も大した金額ではありません。

むしろ、保育園や幼稚園に通っているときのほうがお金はかかるでしょう。
それに保育園は、収入によって保育料が変わってきます。
年収が高い人は保育料が毎月5万円を超えたりしますが、年収が低い人は1,2万円程度で預けることができます。

早ければ生後6ヶ月から預けられる保育園もありますので、共働きさえできれば収入面で問題になるようなことはないでしょう。

子供は授かりものです。
子供ができたことは予想外なのかもしれませんが、借金があっても幸せに暮らしている人はたくさんいますよ!

妊娠・出産にかかる費用とは?

では、妊娠から出産までに必要なお金を計算しましょう。

平均すると50万円かかると言われていますが、帝王切開になると金額が増えます。
ですので、できれば50万円よりも多めに用意しておきたいですね。

  • 妊娠検査費
  • 分娩入院費
  • マタニティグッズ
  • ベビー用品
  • 行事費

妊娠検査費

妊娠検査費は、はじめは1ヶ月に1回程度、出産に近づくに連れて検査をする回数が増えてきます。

妊娠検査費は、1回5000円前後と言われています。
しかし、多くの自治体は母子手帳を貰いに行った時に、妊娠検査費を負担してくれる無料チケットや補助券と言ったものを発行してくれています。

初回の受診費用は自己負担になりますが、それ移行は基本的には無料になっていると考えて良いでしょう。
詳しくはあなたの住まいの自治体に確認して下さい。

管理人が住んでいる超ド田舎と言ってもいい地域でも、無料チケットはありますので、ほとんどの自治体が用意してくれていると考えてもよいかと思います。

分娩入院費

分娩入院費は、普通分娩ですと40万円前後になるでしょう。
この40万円は一括払いをしなければいけませんが、出産育児一時金がありますので、出産育児一時金で支払うことができます。

出産育児一時金は、毎年変動する可能性がありますので、その都度調べる必要がありますが、この記事を書いている現在では42万円となっています。
ですので、普通分娩の場合、全額負担してくれていると考えて良いでしょう。

また、病院によっては、出産育児一時金を病院に直接支払ってくれるということもできます。
管理人は、3人目の出産の時に病院に直接支払ってもらいました。
帝王切開だったので、出産育児一時金+約7万円の支払いとなりましたが、大金を現金で支払うよりも楽です。

出産育児一時金よりも分娩入院費が安かった場合には、差額はもらうことができますので安心して下さい。

ちなみに、平均の分娩入院費は約55万円と言われていますが、個室に入ったりしない限りそこまで高くなることはないので安心して下さい。

マタニティグッズ

マタニティグッズは、その都度購入していくことになるでしょう。

お腹が大きくなるに連れて、妊婦専用の洋服などを購入することになるでしょう。
人によっては、男性用のスウェットを履いていたという人や緩めのスカートを履いていたという人もいるくらいですので、そこまで神経質になる必要はないでしょう。

また、マタニティグッズは妊娠中しか使わないので、西松屋などで安いものを購入すると良いでしょう。

ベビー用品

ベビー用品は、肌着・洋服・おむつ・ミルク・哺乳瓶・布団などです。

初めに絶対に用意しておかなければいけないものは、上記のものになります。

出産すれば、友達や両親から色々なお祝いをもらうことができるので、洋服などはあまり多く購入しなくても良いかもしれません。

車に乗る人は、ベビーシートも必要になりますし、ベビーカーもあれば安心でしょう。

全て自分で用意するとなると、そこそこの値段になりますが、高いものは両親に購入してもらったりすることもできるでしょう。

ベビーシートやベビーカーは、子供が大きくなれば使えなくなるので、新生児用に関してはレンタルしても良いかもしれません。

管理人的には、レンタルするよりも安いものを探して購入したほうが安くなるような気がします。

ヤフオクなどのオークションサイトで中古品を探すのも良いですね!

行事費

お宮参りなどの行事をやる場合には、費用がかかってきます。

首が座った頃に、記念撮影をしたいと思っている人もいるでしょう。

管理人は行事ごとは一切やって来ませんでしたが、地域や両親の意向によってやらなければいけなくなる場合もあるでしょう。

やらなければ子供が大きくならないというわけではないので、できなければやらなければいいだけです。

子どもを育てるためにかかる費用とは?

子供を育てるのに必要なお金は、1000万円とか3000万円と言われています。

高校や大学に進学することになれば、学費がかかってきますが、義務教育である小中学校くらいまではそこまで学費はかかりませね。

食費や洋服代、部活をやれば部費や道具代がかかってきますが、それでも頑張ればなんとかなる金額でしょう。

高校や大学を私立に行くとなると、学費は倍以上かかってしまいますが、公立・国立に進学してくれればそんなに大きな金額ではないでしょう。

子供を育てるのに1000万円~3000万円くらいかかると言われていますが、あくまでも平均的な金額を言われているだけであって、食費や洋服代などをかなり節約している人もいます。

高校でも公立にかかる学費は、3年間で約70万円と言われています。
プラス交通費などもかかりますが、100万円前後になるでしょう。

国立大学に進学すると、入学金や学費で約250万円前後かかると言われています。
その他、交通費や遠方ですと寮費などもかかってくるでしょう。

これらの金額は、高校生移行です。
ですので、出産してから15年経っていますので、それまでのお金を貯めておけば良いだけですし、あなたの出世して給料が高くなっているでしょう。
最悪の場合、奨学金制度もありますので、お子さんのやる気さえあれば、大学に通うことはできます。

市民税や国民健康保険まで滞納すると出産育児一時金は返済に回される

出産一時金の申請をする時には役所に行くことになります。

管理人が二人目の子供を出産した時には、国民健康保険料を支払っていなかったため、出産一時金を取り上げると言われてしまいました。

「分割で払うから出産一時金を下さい。」とお願いしたところ、なんとか出産一時金をもらうことができました。

役所で出産一時金の手続きをすることになるので、市民税や国民健康保険料を支払っていない場合には、出産一時金を返済に回される可能性は十分あります。

話せばわかってもらえるとは思いますが、できれば滞納しないようにしましょう。

借金まみれでも子育てはできる?!

正直借金まみれでも子育てはできます。

夫婦で一生懸命働くということが前提となりますが…。

人はやる気になれば、できないことはないです。
児童手当もありますし、お子さんの病院代はほとんどかからなかったりします。
管理人の住まいの自治体では、中学校卒業まで医療費は全額負担してくれています。

少子化と言われているので、子供に関する手当や補助は充実している自治体もたくさんありますので、不安な方は自治体に詳しく聞いてみて下さい。

病気がちのお子さんの場合、医療費の全額負担はかなり大きいでしょう!

債務整理できるなら債務整理をする

借金の返済でどうしようもないという状況になっているなら債務整理を考えて下さい。

債務整理とは、自己破産や任意整理と言った借金を帳消しにしたり、借金の利息を支払わなくてもいいという話し合いをすることです。

管理人は二人目を出産した後に任意整理をしました。

220万円くらいあった借金ですが、利息を支払わなくても良くなったので、約5年間かかりましたが、無事完済しました。

初めの1年間は毎月5万円くらい払っていましたが、最後の2年間くらいは1万5千円くらいになっていました。

借入金額や借金している会社の数によって、支払う金額や支払い回数が変わりますが、最長でも5年で完済するように計算されることが多いようです。

毎月5万円の支払いは正直きつかったという思い出はありますが、確実に借金が減っているということと、新たに借金をできないという状態になっているので、借金が増えるということがありません。

お金を借りれない状況にしてしまえば、借金はなくなります。

自分に甘いと思っているなら、債務整理をして自分を追い込むことも必要だと思います。

債務整理が気にある方は、無料でシミュレーションすることができるので試してみて下さい。

 

祖父母・両親・兄弟から助けてもらう

どうしてもお金に困っている時には、身内に相談するのが一番でしょう。

特に両親は、孫が産まれるとなると協力的になってくれる人が多いでしょう。

子供に興味が無いという人もいるようですが、孫が産まれるとなると何でも買ってくれる両親も多いです。

孫に色々買い過ぎて怒られているおじいちゃん・おばあちゃんも多いくらいですので、一度相談してみましょう。

親は子供のために何かしてやりたいと思うものです。

悩むくらいなら身内に相談するのが一番です!

借金を借金で返すのは破綻している

先述しましたが、借金の返済が厳しくなっているのでしたら、今すぐ債務整理を考えて下さい。

「ブラックリストに載る」と考えて、二の足を踏んでいる人もいるようですが、借金を借金して返済している状況の人が、新しくローンを組むことなんてできないでしょう。

そこまで追い詰められているのでしたら、債務整理をして一度借金をするという状況から抜け出さなければいけません。

確かにブラックリストに載りますし、借金ができなくなるので不安になる人も多いでしょう。

しかし、借金を借金して返済しているのは異常です。
あなたがもし、借金して返済しているような状況でしたら、一度、俯瞰して見て下さい。
あなたの立場を第三者の目線で見てみれば、異常は状態がわかるでしょう。

債務整理はあなたを救ってくれる手段ですので、債務整理することで損するということはありません。

 

まとめ

子供はあなたの元気の源にもなってくれます。

「お金がないから…。」「借金がないから…。」と悩んでいるくらいなら、「どうやってお金を稼ごうかな?」というふうに子供を育てるという考え方にシフトチェンジしましょう!

子育てしていれば、両親や友達の助けもありますし、自治体も助けてくれる制度を用意してくれています。

悩んだら、旦那さん(奥さん)や両親や友達にも相談しましょう!
そして、お金に困っているなら自治体にどんな支援があるのかを確認してみて下さい。

借金があっても子育てはできますよ!

そして、多くの人が借金や住宅ローンを抱えながら子育てをしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です