給料日あとのパチンコは負ける? パチンコ屋の出ない日っていつだろ?

パチンコ屋

給料日後はパチンコ屋さんが回収する日だと言われています。
しかし、一概にはそうとも言えないのが現状です。

ただ、お金を持っている日はお金を使いやすいということは変わりませんので、給料日でお金を持っている時にギャンブルするのはあまりオススメはできません。

給料日後のパチンコ屋さんは負ける?

給料日の後にパチンコへ行くと、なぜか負けやすいと感じることがあります。
給料日後は回収日と噂されているほど勝ちにくくなっているのですが、実は給料日後だからはさほど関係ありません。

会社によって給料日は違うけれども、25日や28日など月末に近いタイミングで支給されています。
問題は、給料日ではなくて月末です。

多くのお店では、月にどのくらいの利益にするのかを目標として営業しています。
目標達成できそうなのかどうかは、下旬頃にならないと把握しにくく、最終の調整が月の終わりになります。
その月で目標達成が難しそうなら回収を強めてしまうので、月末は勝ちにくいです。

お店としては、給料日後でお金を持っているから回収をと考えているというよりも、目標達成が難しそうだから回収をと考えますので、月末に近い給料日の人ほど辛いパチンコとなります。
給料をもらったからパチンコをではなく、月末過ぎた頃から始めていくことがおすすめです。

週末回収って土日だけじゃなくて金曜日も入る?

週末といえば土日ですが、回収される日だからできるだけ避けている人が多くいらっしゃいます。
週末回収が実際にあるのですが、気になるポイントとして、金曜日の夜は回収なのかどうかです。

実は、パチンコ屋さんの週末は金曜日の夜から始まるといえるほど、来客数が多いです。
回収しようと考えていた場合、土日に集中して行うよりも、金曜日も合わせて行ったほうがメリットがあります。

2日で回収するよりも3日で回収するほうが、1日の目標回収を減らすことができるので、あからさまな回収をしなくても良くなります。
お客がこのお店は無理だと判断してしまうほどの回収は逆効果なので、わからないように回収するためにも金曜日から始めているお店が多いです。

ただ回収する日だとしても、毎週末行っているわけではないので、確実に勝てない週末というわけではありません。
金曜日の夜の状況や、その週の平日はどうだったのかを把握することで、土日の厳しさがある程度判断できるようになりおすすめです。

大型連休は負けるの?

大型連休は勝てないとよく言われているのですが、本当に勝てない時なのかが疑問になります。
実際のところどうなのかですが、お店によって違いますが、言われているほど回収をしているわけではありません。

大型連休は、暇な人が打ちに来ることが多く、でなくても打ち続けてくれるので、回収しやすい日となります。
ただ、あからさまな回収をしてしまうと、いくら暇でも打ってくれなくなってしまうので、ある程度は出すようにしているお店が多いです。

そして、大型連休を利用して評判を高めようとしようと考えているお店もあります
でないと言われている大型連休で、回収ではなく大盤振る舞いをすれば、そのお店の評判は高まります。
評判が高くなることで、平日の集客も見込めるようになるため、後々のことを考えて回収ではなく出す場合もあります。

お店によって考え方が違い、出すのか回収するのかわからないので、様子を見て大型連休の状況を把握してから打つのかどうかを決めましょう。

新台入れ替えって実際どうなの?

新台入れ替えは、出るイメージが強いのですが、しかし出すよりも回収しようとするお店が増えてきています。
なぜ新台入れ替えなのに回収するのかですが、それは回収できる日が少なくなってきているからです。
イベントができていた頃は、新台入れ替えも単なるイベントの一つでしたが、イベントの規制と広告の規制があるため、唯一のイベントが新台入れ替えとなっています。

集客効果が高いイベントができないと、平日の来客数は減ってしまっているので、唯一のイベントで来客数が多い新台入れ替えが回収日になりやすいです。

ただ、毎回回収をしていると、悪い噂が強まってしまうので、わかりやすい回収はしていません。
今までの新台入れ替えとは違い、勝てる可能性が高まってくれるイベントとはならないと考えておくようにしましょう。

もし新台を打ちたいと思ったら、一段落した後に、釘の調整のチェックをしつつ、良い釘調整の時に打つようにすることがおすすめです。

給料日前に行くのが必勝法?

給料日後が勝ちにくいのなら、給料日前に行くのが必勝法なのではと考えてしまうかもしれません。
確かに給料日後の月末は勝ちにくいので、給料日前のほうが良いと言えます。

ただ、必勝法になるほどではなく、普通の日にパチンコに行くと一緒程度と考えておいてください。
お店によりどのようにして回収するのかの考えは違うけれども、平均して回収していくお店がほとんどです。
常に回収日ではあるけれども、全台出ない訳ではなく、でやすいように調整する台もあります。

パチンコは完全確率機なので、回収調整していても出る時はでますし、出やすくしていてもでない時もあります。
回収日を意識しすぎてパチンコに行くよりも、いかにして出る可能性が高いパチンコ台を見つけるのかを意識することがおすすめです。

そしてパチンコというのは最終的にお店が利益が得られるように作られていますので、負けても冷静でいられるように一つの遊びと考えて程々にすることが大事です。

まとめ

パチンコでプラスになる人は全体の1%未満だと考えておいたほうが良いでしょう。
特に、パチンコやスロットの出玉の規制が増えていることから、昔のように10万円突っ込んでも取り返せるということがほぼなくなっています。

ギャンブルなので、お金を使って遊んでいるという人は良いでしょうが、お金がないのにパチンコを打ちに行っているような人は、引き際や遊ぶ金額を決めておかないと、パチンコ屋さんのいいカモになってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です