家賃を滞納してお金が払えないときにはどうする?

家賃が払えない男性

急な出費や事故で怪我をして、収入が途絶えてしまっている状態になってしまった場合のためにも、日頃からお金を貯める習慣をつけておきたいところです。
よく言われるのが半年間は収入がなくても困らないくらいの貯蓄をしておくと安心と言われています。
それができていないから、このページを読んでいるのかと思いますが、現状でお金がなくて家賃が払えない場合には何とかしなくてはいけません。

大家さんや管理会社に家賃が遅れそうなことを相談する

家賃が遅れる場合には、絶対に大家さんや管理会社に連絡するようにしましょう。遅れてもきちんと払うことを言っておくだけで印象が変わってきます。
家賃滞納は3ヶ月まで大丈夫と言われていますが、やろうと思えば1ヶ月遅れただけでも契約不履行として、追い出すことはできます。

基本的にはそこまで早く行動に起こすことはありませんが、連絡をしていないということは、強制退去を視野に入れなければいけないということにもなりかねませんので、連絡だけはしておきましょう。

家族や友人からお金を借りてくる

土下座する男性まずは誰かからお金を借りてくるしか無いでしょう。
まず思い浮かぶのは家族だと思います。事情があるならきちんと説明して、返済計画もきちんと立てているということを話しましょう。
あなたに信頼があればお金を借りることはできるでしょう。

友人にお金を借りるという場合には、かなりの信頼関係が必要になります。人によっては、「お金はあげるから縁を切る。」くらいの気持ちで接してくる人もいるでしょう。
お金は友人関係を壊すと言われていますので、貸す側も借りる側も信頼関係が必要ですし、あまりいい気持ちではありません。
仮に事故で働けなくて困っているような状況でしたら、お金を貸してくれる可能性は高いと思いますが、ギャンブルが好きで借金をしているような人には貸してくれないでしょう。
普段の生活態度や友人との関係も重要になってきますので、あなたの人間性によって変わってくるでしょう。

キャッシングをして生活費を作る

家族や友人にお金を借りたくないという人は、キャッシングをするということを視野に入れてもいいでしょう。
「借金=悪」というイメージが強いですが、お金が足りないときには貸してくれるところから借りるしかありません。

現在では、消費者金融でも金利は18%くらいです。

消費者金融は比較的に審査は通りやすいイメージですので、家賃を滞納するくらいでしたらお金を借りて払ったほうが無難です。
注意して欲しいのは、返済の見込みが無い場合には借りないことです。

親兄弟からお金を借りたときには、「お金を返すのはある時でいい。」という甘えがあるかもしれませんが、消費者金融に借りる場合には、毎月の返済日があります。
返済できなければ借りると泥沼にハマってしまいますので、あなたの返済できる範囲内で借入金額を決めましょう。

まとめ

急な出費に対応するとなると、親兄弟や友達から借りれないとなるとキャッシングをして、一時的に凌ぐのが一番ではないかと思います。

10万円程度の借り入れだったら、毎月きちんと返済すれば、1年間の利息は約9000円程度に収まるでしょう。

友達にお金を借りるくらいなら、キャッシングで借りて、さくっと返済したほうが誰にも迷惑をかけないので安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です