キャッシングって時効はあるの?

お金を借りたけど返せない。
だったら時効まで逃げるか!という強者はたまにいるかと思います。
このページを見ているあなたも、「もしかしたらいけるかも?」と思っているかもしれません。

キャッシングの時効は5年です。

個人から借りているお金の時効は10年です。

5年間返済要求が無ければ、晴れて時効となりますが簡単には行きません。

時効が成立するためには完全に姿を消す事、国民保険などもない状態にならなければ逃げることはできないでしょう。

時効成立までには、一度も中断されないこと

時効成立するまでには、貸金業者からの返済請求がなかったということが条件になります。
例えば、あなたが口頭で「お金を返してください。」と言われ、1000円だけでも返したとします。

そうすると、返済する意思があるということで、「時効の中断」ということになります。
時効の中断とは、返す意思があるということだけではなく、貸金業者が裁判所を通して請求したり、差し押さえするだけでも中断と認められます。

要するに、貸金業者が本気になれば、5年経つ前に裁判所を通して請求されるということです。
また、裁判になると時効が5年から10年に引き伸ばされます。
正当な利息で貸しているお金でしたら、とことん法律を使ってくるでしょう。
最悪の場合、給料の差し押さえまでできるので、時効を目指すのは得策ではありませんね。

主に時効を成立させないための方法をご紹介します。

  • 資産などがある場合、訴訟や仮押さえを行う
  • 借りた人の一部入金や署名捺印をしてもらい時効を延長させる
  • 内容主命で催告状を送り、時効を中断させる

相手側からの要求を受けれるような状態ですと時効になることは不可能でしょう。
完全にホームレスになるか、住民票や国民健康保険などを完全に捨てるということで逃げることはできるでしょうが、普通に働いているだけでもバレてしまう可能性が高いので、ホームレスになるしか無いでしょう。
もしくは、悪いことをして、税金がかからない収入があるような人だと見つからないかもしれません。

完全に逃亡してしまえばいいの?

ここからは管理人の憶測ですので、あまり本気にはしないで下さい。
本気で時効にしたいなら、完全に姿を消してしまえばいいのではないかと思います

例えば、賃貸マンションに住んでいる時に契約したキャッシングがあるとします。
それを払えずに逃げたい場合…。
住民票も移動せず、携帯電話番号も変えて、勤務先も変える。

当然、住んでいた地域も地元に戻るとかではなく、全然知らない土地へ行く。
これだと、ほぼ追いかけることは不可能だと思います。
探偵とか興信所とかになると別でしょうが、そこまで費用をかけるわけがないでしょうから。

ただし、勤務先を変えたところで会社員で社会保険に加入しているような人は見つかるでしょう。
また、正社員じゃなくても確定申告などをして税金を納める事で、居場所がばれるでしょう。
そもそも、税金を収めようとすることで住民票が必要になるので、税金を収めないような生活をしなくてはいけません

連絡が取れないところに、裁判所から通知が来てもどうしようも無いと思います。
裁判所からの通知を受け取っているのに出廷しないとなると話は別でしょうが、受け取っていないので通知が来たかどうかもわかりませんからね。

5年間も住所不定ってかなりキツイと思います。

病院行くにも保険証は無し。
会社員にもなれない。
アルバイトも限られたアルバイトのみ。
日雇いの力仕事がいいところかもしれませんね。

ここまで出来るかどうかというところでしょうかね。

完全にホームレス生活をしなくては無理なのかもしれません。
もしくは、ヤミ金などの悪い仕事をして、住所不定のまま収入を得ても所得税などがかからないような仕事に就くしか無いでしょう。

まぁ、管理人はオススメしません(笑)
ここまでやるなら、自己破産か任意整理したほうがいいと思いますね!
そもそも成功するのかもわかりませんし(笑)

まとめ

キャッシングの時効は5年。
個人からお金を借りた場合は10年。

時効の中断事由などを完全に逃げ切れれば時効は成立しますが、ホームレスのような生活をしない限り逃げ切ることは不可能だと考えましょう。
逃げるくらいなら自己破産や任意整理をして、借金をキレイにして普通に生活したほうがあなたのためです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です