カードローンとは? 金利が安いからオススメ!

銀行系カードローン

カードローンって聞くと、「お金を貸してくれるところ」ということはわかると思いますが、厳密には説明できる人は少ないでしょう。
管理人も何となくしかわかっていませんが、それでも十分だと思います。

カードローンとは、銀行や協同組織金融機関が発行するカードを利用するローンです。

CMなどでもよく見かける、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」やオリックス銀行カードローン、イオン銀行カードローン、楽天銀行カードローンなどになりますね。
単純に、銀行が貸してくれる生活資金と考えてよいでしょう。

カードローンは担保・保証人無しで借りることができるので、誰でもお手軽に借入しやすいというメリットもあります。

ローンと聞くと、住宅ローンや車ローンなどを思い浮かべると思います。
銀行が貸してくれるのをカードローン。
消費者金融が貸してくれるのをキャッシングって覚えておいて良いですね。⇒キャッシングとは?
(覚える必要は無いかもしれませんが(笑))

カードローンはキャッシングより金利(実質年率)が安い?

キャッシングと違うのは、銀行などの金融機関の審査と保証会社の審査があるということ。
単純に審査が二重になるので厳しくなるということです。
審査は厳しくなりますが、金利は安くなります。

消費者金融の平均は、約18.0%になりますが、銀行系カードローンは約14.0%になるので、長期間借りるとなると4%の差が大きくなってくるでしょう。

銀行は損しないために保証会社を入れるようにしています。
だから、カードローン払えずにあなたが自己破産したとしても、銀行は保証会社からお金が入ってくるので損することはありません。 銀行ってずる賢い…(笑)

カードローンのメリットとは?

カードローンのメリットはいくつかあります。

  • 金利が安い
  • カードローンの銀行や金融機関によって特典が付いていることがある
  • カードローンを作った口座から自動的に引き落とししてもらえる
  • 残高不足で引き落としできなかった場合でも、利用額があれば自動的に支払い&借入をしてくれる

最後の「自動で支払い&借入してくる」というのはいいのか悪いのかわかりませんが、急な出費があって支払えなくなったとしても、利用額に余裕があれば最低返済額を現在の残高に自動的に借入してくれるということです。

注意しないといけないのは、借金は減っていなくて増えているということ。
ご利用は計画的に行わなければ、借金が減ることは無いですからね。

特典や自動的に支払いしてくれるサービスは、各金融機関によって変わりますので、事前に確認しておきましょう。

カードローンのデメリットとは?

カードローンのデメリットは3つ。

  • ウェブ上で明細を見ることができないので、郵送されるまで待つしか無い
  • 金利(実質年率)が変動することがあるので、利息が高くなる可能性がある
  • 審査が厳しいかも…

やっぱり銀行なので、金利は変動します。
住宅ローンなども銀行から借りる人が多いと思いますが、変動型金利や固定型金利がありますよね。

金利が安い時に借りて、全額返済できればいいのですが、金利が高くなったからといって文句をいうことはできません。
ですから、利息制限法の上限まで金利が上がることがあるかもしれません。(そう簡単に上がらないとは思いますが…。)

審査に関しては、上でも説明したとおり、保証会社まで審査をしますので厳しくなることは当然ですね。
ただ、事故歴もなく安定した職業に付いている人にとっては、キャッシングよりもカードローンの方がお得でしょう。

カードローンが無担保・保証人無しで借りれるのは対人信用システムだから

ローンと聞くとカーローンや住宅ローンを思い浮かべる人も多いと思います。
特に住宅ローンは連帯保証人や担保が必要になってきます。

しかし、銀行系カードローンでは、対人信用システムなので、あなたの信頼度によってお金を融資してくれます。

この辺りの審査の基準は、消費者金融とあまり変わらないのかもしれません。
あなたの借入状況や収入によって大きく変わってくるでしょう。

大企業や公務員などの安定していると言われている職業についている人は、銀行の信頼度がかなり高い状態なので、消費者金融で借りるよりは銀行系カードローンで借りたほうが、金利も安いですのでおすすめです。

逆に、個人事業主や一人親方などの、会社に属していない人は、銀行が嫌いやすい傾向が高いです。
絶対に審査に通らないということはありませんが、収入の状況を詳しく審査される可能性もありますし、年収が低ければその時点で審査に落ちるということも十分考えられるでしょう。

銀行系カードローンは総量規制の対象外!

銀行系カードローンのメリットともデメリットとも言える、「総量規制の対象外」。

そもそも総量規制とは、「年収の1/3を超える融資をしてはいけない。」という多重債務者にならないための法律です。
この総量規制とは貸金業法で定められている法律です。

銀行は、銀行法という法律の中でお金を貸しているので、総量規制の対象にはならないのです。

これはメリットと考える人もいれば、デメリットと考える人もいるでしょう。
なぜなら多重債務者を作らないようにするための救済処置とも言える法律なのに、銀行がお金を貸す時には関係ないからです。

しかし、銀行はそこまでリスクを取ってお金を貸すとも考えられないので、総量規制と同じように、年収の1/3以上の借入がある人の融資には慎重になるでしょう。

ただ、総量規制は関係ないので、年収が高い人には1/3を越えての融資は十分にありえますね。

まとめ

一般的なキャッシングと言えば、消費者金融というイメージを持っている人も多いでしょう。
カードローンもキャッシングと同じと言えますが、イメージの問題なのか言い方を変えているだけのような気がします。

「銀行は悪どい!」という人もいますが、消費者金融よりも借りる金利(実質年率)が安くなっているのは事実です。
お金を借りる時に消費者金融と銀行系カードローンを比べると、銀行系カードローンで借りたほうがお得です。
しかし、審査に通らない人もいますので、そのときには消費者金融で借りるしか無いでしょう。

管理人のオススメは、初めて借りる人は銀行系カードローンで審査してみるのが一番です。
もし審査に落ちたとしたら、消費者金融で借りるという方法が一番損しない方法でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です