おまとめローンの審査に通れば支払いが楽で金利も安くなる!

おまとめローンについて

おまとめローンといえば、管理人が初めて聞いたのは「東京スター銀行のおまとめローン」でした。
管理人の記憶が正しければ、一番初めにおまとめローンでCMを流していたのではないでしょうか?
ちなみに関東圏内です。

おまとめローンはいいところもあれば、悪い?と言われているところもあります。

当然、銀行さんが貸しているところが多いので、審査は厳しいです。
銀行さんじゃなくても、複数の借入をまとめるので借入額が高くなります。
ですから審査が厳しくなるのは当たり前と言ってもいいでしょう。

おまとめローンのメリットとは?

おまとめローンのメリットをいくつか考えてみました。

  • 金利が安くなる
  • 毎月の支払額が安くなる
  • 支払先が一つになるので支払日も月一になる

こんな感じでしょうか。
一つになるので精神的にも楽になるかもしれませんね。

例えば、おまとめローンにする前に5社借りていたとします。

金融機関借入額最低支払額
A社100万円3万円
B社50万円1,5万円
C社30万円1万円
D社30万円8000円
E社10万円5000円

上記の例だと、借入総額が220万円。最低でも月々68000円支払わなければいけません。(金額は管理人の記憶なのでもう少し安いかもしれません。)

しかし、おまとめローンで220万円を一括にまとめてしまえば、5万円ほどになるでしょう。(おおよその金額なので、貸金業者によって変動します)

上記の5社の金額は、昔管理人が借りていた金額とほぼ同じです(笑)
支払額はもう少し安かったかもしれませんが、大差はないと思います。

こうして表にしてみるとかなりの金額を支払っていることが分かります。

また、毎月7万円近く払っていても、元本は3万程度しか減っていないと思います。
複数に返すことで、元本が減っているように感じないということもあるかもしれませんね。

おまとめローンのデメリットとは?

おまとめローンのデメリットを管理人的に考えてみました。

  • 審査が厳しいので借りれる人は少数
  • 金利が安くなると言っても大差は無い
  • 担保や保証人が必要なこともある

こんなところでしょうか。

審査が厳しいというのは当然だと思います。
普通の消費者金融や銀行系カードローンは、初回だと多くても30万円でしょう。
「この人を信頼していいのか?」ということで実績を作らないといけないからです。

しかし、おまとめローンを考える人の多くは、3社以上借りている人が多いと思います。
3社以上借りるということは、1社の借入限度額が低いということも原因でしょう。

総額が200万円借りているとしても、1社から200万円借りている人と、5社から200万円借りている人の信頼度は全然違います。

前者のほうが信頼が高いので、おまとめローンの審査には通りやすいですが、当然おまとめローンに申し込まないでしょう。

おまとめローンは4社以上借入先があると審査には通らないと言われています。
ですので、審査が厳しいというデメリットが一番大きいと思っています。

金利が安くなると言われていますが、最近では大差はないという人もいます。
また、保証人や担保が必要になることもありますので、最悪の場合、担保を取られたり保証人に迷惑をかけてしまうこともあります。

たしかに、まとめたほうが支払いも楽ですし金利が多少安くなります。
しかし、デメリットがあるということを考えておきましょう。

まとめ

おまとめローンは基本的には銀行がやっていることが多いかと思います。
ですので、消費者金融を複数借りていて、一本化したいと考えている人には申込だけでもしたほうが良いでしょう。

消費者金融の実質年率は、ほとんどの場合、約18%になっているでしょう。
おまとめローンで、実質年率が15%に下がったとすれば、200万円の借金だとすれば年間約6万円お得です。

200万円の借金があれば、最低でも5年は返済し続ける人がほとんどでしょう。
そう考えると、3%の実質年率でも大きな違いになってきますので、おまとめローンの審査が通る人は一本化したほうが良いです。

おまとめローンで一本化すると、新たに借り入れができなくなる可能性もあります。
「絶対に返済して借金を0にする!」と決めた人でないと、急な出費に対応できなくなる可能性は0ではないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です