車のローンを組んでいるけどキャッシングできる?

キャッシングと車のローンの関係

お金を借りて返せないという人がたくさん増えたということと、武富士の倒産など多くの消費者金融が大ダメージを受けた過払い金の請求などがあったせいなのか、キャッシングでは総量規制ができました。

銀行系カードローンは総量規制の対象外ということなので、お金を借りるという枠を考えると矛盾を感じます。
しかし、ルールはルールなので従いましょう。

そこで、総量規制について別のページでも説明しているのですが、ここは例を挙げて説明します。

総量規制とキャッシング・車のローンの関係とは?

年収540万円。
車のローン約200万円。
サラ金の借入約80万円。
キャッシングできるカードの借り入れしていない利用枠が210万円。

キャッシング枠が残っているカードを利用したら、カードは停止されてしまうのか?

まず、年収540万円の総量規制である1/3は180万円です。
ですから180万円までが総量規制で決められている借入できる上限となります。
車のローンは総量規制の対象外なので180万円の中には入れなくOK

現状で借り入れしているのが80万円なので、あと100万円までしか借りれません。
しかし、キャッシングしていない枠は210万円あります。
限度額まで借りると、290万円借入できますが、総量規制以上借入することになるので110万円は借り入れできなくなってしまうのか?
ということですね。

管理人の答えは、『290万円借入できる』です。
なぜなら、貸金業者が総量規制を把握できない状況だからです。
もしかすると、借入していない状況でもキャッシング枠がわかるのかもしれませんが、過去に管理人が情報機関から事故情報を確認したところ、借入状況しか記載されていませんでした。

結局、総量規制ってキャッシングを申し込みした時点でしかわかりません。
今回のケースだと、180万円借り入れしている状態で新しく申込をした場合には総量規制がありますから借入れできません

現状だと、いくつかのキャッシングカードを持っていて、限度額が合計で290万円ということでしょう。

貸金業者同士は、データバンクで借入状況を把握できるようになっていますが、借り入れしていない利用枠まではわかりません。
借り入れしている金額だけしかわかりませんので。
キャッシング枠が広がっているのに借り入れしていない。
それが何社も増えてしまえば、総量規制よりもキャッシング枠が増えるのは一目瞭然です。
ですから、総量規制ってあってないようなものです。

あくまでも管理人の意見なので、もしかしたら画期的なシステムが導入されているのかもしれません。
複数社から借り入れして総量規制を把握しろというのは、物理的に考えて無理です。
1社から借入するだけならわかりますけどね。

総量規制の穴。と言っていいのかわかりませんが、キャッシング額が増えるまで借り入れしなくて複数社少しずつ借りて実績を作るというのはいいのかもしれませんね。
時間はかかりますけどね。

破綻しないような規制なのに、今回のケースだとあまり意味がありませんよね。

借り入れが多すぎて車のローンが組めなくなる?!

今度は逆のパターンを考えてみましょう。
キャッシングがあるけど、車のローン(カーローン)を組みたいと考えた人はどれくらいだと審査に落ちるのかということ。

一般的に、ローンやキャッシングは年収の30%が無理なく返済できる金額と言われています。

あくまでもおおよそですし、ボーナスがある人がボーナス月にたくさん返済することができれば状況も変わります。
ボーナスでガバッと返済するのであれば完済するのも早くなりますし、それだけ利息もかからないのでローン会社からすると安心感があります。
ボーナスがない人や正社員じゃない人、仕事が不安定な人などはそれだけ返済期間がかかってしまいますし、その分利息も支払うことになりますので、ローン会社は儲かるかもしれませんが、その分リスクが増えるので慎重になるでしょう。

当然、キャッシングが多ければ多いほど審査に落ちやすくなります。
車のローンとキャッシングは総量規制では別となっていますが、ローン会社が損しないようにするためには、支出と収入のバランスを見て融資するのは当たり前です。

それでも車のローンは、比較的審査が甘いですし、ローンに通りやすいとは言われていますので、年収の40%くらいまでに収まるようでしたら、審査には通るのではないかと思います。
しかし、審査に甘いところは金利が高くなる傾向があるので、お金を多く支払うということを忘れてはいけません。

キャッシングの事故情報が影響する

総量規制に引っかかってないし、収入の30%以内に収まっているローンなのに審査に落ちているという人は、過去の事故情報が影響している可能性があります。

  • 長期間の延滞
  • 債務整理(自己破産・任意整理など)
  • カードの強制解約
  • 携帯電話端末の分割払いの滞納情報

上記のような情報は、ブラックリストと言われる事故情報です。
「この人返済をこれだけ滞納していましたよ!」という情報なので、信用が低い状態になってしまっています。

事故情報は、最低でも5年間は残ると言われていますので、過去に滞納していたり、事故情報が載っている人は審査に引っかかってしまうという人がいます。
特に、最近テレビでも言われているのが、携帯電話端末の分割払いの未納です。

要するに、携帯電話料金の支払いが予定日より遅れて返済しているような人は、事故情報が載っています。
管理人も過去に一度だけ、携帯電話料金の引き落としが残高不足でできなかったのですが、それだけでも事故情報が載ってしまいました。

一回くらいだと特に問題にはならないでしょうが、頻度が高ければ高いほど、「お金にだらしない人」と思われても仕方がないので注意しましょう。

携帯電話端末を分割払いで購入していない人は滞納しても事故情報は載らないので勘違いしないようにして下さい。
携帯電話端末の分割払いはローンと同じなので、返済には注意しなくてはいけません。

まとめ

キャッシングと車のローン(カーローン)は、総量規制では関係ありませんが、基本的に年収やあなたの職業を見て貸していると考えておいたほうが良いでしょう。

借り入れが多くても、年収が高くて、返済をきちんとやっていれば特に問題はないでしょう。
逆に年収が低いのに借り入れが多ければ、カーローンは通らないと考えておいたほうが無難です。

あなたの収入の30%くらいのカーローンを組んでいる場合には、キャッシングでは高額融資は期待できないでしょう。
限度額が10万~30万円くらいの融資が精一杯になるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です