審査が甘い消費者金融はない!? キャッシングする前に考えるべきこととは?

審査が甘い消費者金融

お金を借りる時に一番気になるのが審査が通るのかということでしょう。
初めて消費者金融でお金を借りる人もドキドキして不安になる気持ちを持っているかと思いますが、お金をたくさん借りている状態で審査をしている人のほうがもっとドキドキしているでしょう。

お金を借りている人がお金に困ると『審査が甘い消費者金融』を探します。

結論から言うと、審査が甘い消費者金融は無いと言えるでしょう。
審査の内容やどんな人が審査に通っているのかは、消費者金融側しかわからないことなので、審査担当者の裁量なのです。

そんな中でも、審査が比較的通りやすいと言われている消費者金融はいくつかありますし、どのような消費者金融だったら審査に通っているのかということを紹介したいと思います。

「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」作戦で、複数の消費者金融に同時に申し込みをすると、申し込みブラックになってしまいますので、短期間で色んな消費者金融に申し込みすることだけはヤメましょう。

審査に通りやすいのはどんな消費者金融?

審査に通りやすいと言われている消費者金融は、中小の消費者金融です

大手消費者金融と言われている、アイフルやプロミスなどのCMや広告で頻繁に目にするような消費者金融では、審査は厳しくなると考えても良いでしょう。
あなたが「一度も借りたことがない」という場合や「借入額は50万円!」という少額の場合にはそこまで審査が厳しいということはないでしょうが、「年収の1/3ギリギリまで借りている」という人や「返済が滞ってしまっている人」などは、審査に落ちるでしょう。

管理人の予想では、初めてお金を借りる人の99%が大手消費者金融から借りると思います。
なぜなら誰もがCMなどの広告で目にしたことがある名前ですし、大手銀行と提携しているところも多いです。
タレントさんを起用しているところも多いので安心感があります。

その分、お客さんがたくさん毎日のように入ってきますから、「危なそうな人に貸さなくても十分利益を挙げられる。」と考えます。
誰でもリスクは下げたいですから、ブランド力や資金力がある大手消費者金融は、危険な人を排除するような審査基準があるでしょうから、お金をたくさん借りている人は大手消費者金融では審査が通らない可能性が高くなります。

お金をたくさん借りている人は、大手消費者金融に審査を申し込みしても良いですが、審査に通る可能性は低いと考えて下さい。

ですので、あなたの地域の中小の消費者金融さんを探してから申し込みしてみましょう。

中小の消費者金融ってどんな貸金業者さん?

中小の消費者金融と言ってもわからない人は、「聞いたことが無い名前の消費者金融」と覚えておいても良いでしょう。
「聞いたことが無いところだから借りてみよう!」と安易に判断するのは少しだけ待っててもらいたいのですが、駅前でひっそり店舗を構えている消費者金融や全国区ではない消費者金融が中小の消費者金融と言って良いでしょう。

インターネットから申し込みできる中小の消費者金融だと下記のようなところです。

他にも東京でしたら、駅前のちょっと古めのビルに入っているような貸金業者です。
怪しい雰囲気はありますが、駅前のビルで店舗を構えているところは、基本的にヤミ金ということはありません。

地域密着型と言っていい消費者金融でしょう。

聞いたこと無いからコワイというのはわかりますので、中小の消費者金融で気をつけることをお伝えします。

中小の消費者金融で気をつけるべきこととは?

消費者金融は、正式には貸金業者といいます。
貸金業を営むためには、貸金業登録をしなくてはいけません。

貸金業登録をするには、審査がありますし資金も必要になります。
当然、店舗も必要になりますので、ヤミ金業者が紛れ込む可能性がかなり低くなります。
ですので、「この消費者金融は本当に大丈夫かな?」とちょっとでも不安に感じたら、貸金業登録を調べてみましょう。

貸金業登録は金融庁のHPから調べることができます。
金融庁のHPはこちらをクリック
上記リンクに飛んでから「登録貸金業者情報検索サービス」をクリックして下さい。

登録番号の一部分を入力するだけでも該当する貸金業者が出てきますので、実際に登録している貸金業者かすぐにわかります。

貸金業登録していてもヤミ金がいる!

HPなどに記載している貸金業登録を調べたところ、貸金業登録をしていたとします。
それでもちょっと待って下さい。

HPに記載されている商号・名称や所在地が同じだったとしても、電話番号が違う場合があります。

貸金業登録している情報は本店でしょうから、支店がある場合には所在地や電話番号が違うことは考えられます。
しかし、ヤミ金業者が貸金業登録しているところを利用して、電話番号だけ違うものを利用している場合も考えられます。

名前を勝手に利用するのは実際にあるケースなので、電話番号が違う場合には、貸金業登録している電話番号に電話をしてみて、支店があるかどうかの確認やあなたがかけたいと思っている電話番号が正しいのかということを確認しましょう。

貸金業登録している業者にヤミ金業者が紛れることは0%と考えて良いです。
ですので、記載されている電話番号と違っている場合には、一度確認した方無難かもしれません。

貸金業登録の登録番号が若いときも一応注意する

貸金業登録番号には、『東京都知事(2)第12345号』と言った、地域名と番号が入ります。
この()内に入っている数字が登録してからどれくらい年数が経っているのかという数字になります。

()内の数字は、3年毎に1つずつ増えていくようになっていますので、(1)という登録番号だった場合、貸金業登録した日が浅いということで少しだけ警戒したほうが良いでしょう。

最近では、貸金業登録のハードルが上がっているため、ヤミ金業者が登録しないと言われています。
しかし、一昔前は「(1)はヤミ金」と言われるくらい信用が低い登録番号なので、口コミや電話での確認をきちんと行ったほうが良いでしょう。

ヤミ金業者は、基本的に金利が高いので、年20%以上の金利を設定しているところはヤミ金です

冷静に考えればわかることなので、お金に困っているのはわかりますが、契約書を確認せずにサインをするのはヤメましょう!

まとめ

審査が甘いと言われている中小の消費者金融ですが、それでも審査に落ちる人はいます。

お金を借りすぎて、自転車操業になってしまっている場合には自己破産や任意整理を考えたほうが無難です。

借金を借金で返済しているような人は、お金を借りるのはヤメましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です