お金がないけど消費者金融の審査に通らない。

審査通らない

お金がない時に便利なサービスを提供してくれるのが消費者金融ですが、消費者金融でもただでお金を貸してくれるわけではありません。
消費者金融のビジネスモデルとしては、個人の信用力を担保にお金を貸し付けるというものです。
この信用力はさまざまなものが積み重なっているものですがその中でも大きいのが収入と借入状況です。
収入がなければお金を借りることはできませんし、借入状況が芳しくない場合にもやはりお金を借りることができません。

消費者金融は比較的、お金を借りやすいところですが、やはり消費者金融が定める一定の信用力がなければお金を借りることはできません。
この信用力を調べるのが借入前の審査ですが、大手の場合には銀行の系列に入っていることもあって審査は厳密に行われます。

少額の借入は比較的利用しやすいですが、収入に見合わない借入はできませんし、高額になると慎重審査が行われます。
また借入状況に問題があれば審査に通らないのが一般的です。

借入状況は収入状況であなたがなぜ審査に落ちているのかわかりません。⇒審査に落ちる理由とは?

お金を借りている人も初めてお金を借りる人も、ここで紹介している方法を試してみて下さい。

大手がダメなら中小の消費者金融に申し込み

大手消費者金融は以前と比べると審査基準が厳しくなっています。
このため少しでも問題があれば審査に通るのが難しい傾向にあります。
その一方で中小の消費者金融は、大手に比べるとチャンスは高いといえます。

大手消費者金融ではスコアリング方式と呼ばれる方法で簡易審査を行います。 これは属性などを数値化し、その数値が基準に満たしていれば審査の対象とするもので、この基準をまずは満たさないと大手では借入はできません。

中小の消費者金融の場合には、スコアリング方式を採用しているところもありますが、基準は大手に比べるとゆるやかですし、また多くはその人の収入状態を見て融資を決定します。
このため大手消費者金融では通らなくても、中小の消費者金融であれば審査に通ることがあります。

特に大手消費者金融は銀行並みのサービスを提供しており、多くの人はまずは大手に申し込みをするのが一般的で、その差を埋めるために中小消費者金融では借りやすさを武器にしていることが多くその点でも有利です。
ただし中小の消費者金融でも必ず借りられるというわけではなく、借りられないにはそれなりの理由があります。

中小の消費者金融の中では、ブラックリストに載っている人でも10万円未満なら融資してくれるという消費者金融もあります。
駅前で店舗を構えてやっている小さい消費者金融は、データを見るよりも人を見て審査をしているような気がします。
もし、どこの大手消費者金融に申し込みをしても審査が通らない場合には、小さめの消費者金融を探してみるのも良いでしょう。

審査に通らないのはブラック情報があるから!

大手も中小でも消費者金融で審査に通らない最大の理由として考えられるのがブラック情報です。
ブラック情報とは業界団体が運営している信用情報機関に事故情報が登録されることです。

ブラック情報といってもその種類はいくつかあり、ひとつは返済が滞っている延滞情報、もうひとつが債務整理を行い借金の減免または免責を受けた事故情報です。

延滞情報は返済をすれば数ヶ月程度で削除されますが、債務整理は5年から10年程度は情報が残ります。
大手の場合には程度の差に関係なくブラック情報が登録されていると審査に通ることは不可能です。

一方で中小消費者金融の場合には、延滞情報がある場合には審査に通りにくい傾向にありますが、債務整理の場合にはその情報が登録されていても審査に通る場合があります。

ブラック情報はあくまでも業界が貸し倒れを防ぐために情報を共有している制度であるため、業者によってはブラック情報があってもお金を貸してくれるところもあります。

多重債務者はお金を借りれない?

多重債務者とは複数の箇所から借入を行っている状態のことです。
多重債務者であっても返済が行われていれば問題ありませんが、その状態では新たな借入は出来ないのが実状です。

これは多重債務者になると貸し倒れのリスクが高くなるためです。
この理由としては、多くの人は毎月の収入が限られており、そこから返済していくことになりますが、すべての収入を返済にあてられるわけではありません。

このため複数の返済期日があると本来返済すべきお金が手元にないといったことも多くなり、借金を返すために借金をするといった悪循環に陥るケースがあるためです。
悪循環に陥ると債務整理をしなければその状況から脱することができなくなります。
このため年収が十分にあっても審査に通らないことも多くなります。

ただし、多重債務者にお金を貸す貸さないかは業者が考えることであって特に中小消費者金融では十分に返済が可能であると判断すればお金を貸してくれます。
逆に大手消費者金融になると、あまり人を見ないでデータや数字しか見ていないでしょうから、審査が通らないということになるのかもしれません。
審査に通ったとしても、10万円以下の融資になるのではないでしょうか。

審査に落ちてもヤミ金だけは絶対に借りない!

消費者金融の審査に通らなくてもお金を貸してくれる業者としてはヤミ金があります。
ヤミ金は正規の登録を行わず法律以上の金利を取る貸金業者のことです。

存在そのものは違法ですが、どうしてもお金を借りなければならない人たちは存在するわけで、都市部では今でも存在しています。

特に審査らしい審査もせずにお金を貸してくれるので、喉から手が出るほどお金が必要といった人は、一時の迷いで借りてしまうこともあります。
しかし、ヤミ金だけは絶対に借りてはいけません

ヤミ金の中には単に法外な金利を取るだけの業者もいますが、もともとが違法であるため中には何かと理由を付けてお金を搾り取ってくるような悪質な業者も存在しています。
そのような悪質な業者に捕まると払っても払っても借金が返済できない状態に陥りますし、また暴力をふるわれることもあります。
また業者は社名を変えたり経営者を変えたりと足がつかないようにしているので、どれが悪質な業者か判別することは困難です。
このためヤミ金だけは絶対に利用してはいけません。

ヤミ金でお金を借りた人が、全額返済できないようにして、延々に利息を支払い続けるように仕向けたりするのもヤミ金です。
免許証のコピーや会社の情報などを相手に知られていると嫌がらせをされますし、元本を返済できなくて利息を支払い続けさせるという汚い手も使ってきますので、絶対に闇金からお金を借りるのはヤメて下さい。

ヤミ金の見分け方はこちらをご覧ください。

身内や友人からお金を借りるのはヤメル

どうしてもお金がない時に、両親からお金を借りるのは良しとしてもいいかと思いますが、返済できないようなお金を借りるのは身内と言えどヤメたほうが良いでしょう。

両親がお金持ちで、子どもを甘やかす人もいるでしょうが、親にお金をもらい続けて生活をしている人が自立することはないでしょう。
また、金銭感覚も狂ってしまいますので、あなたの給料の範囲内で生活するようにしなければ、一生親に甘え続ける人生になってしまいます。

また、友人にお金を借りようと考える人はあまり多くはないかと思いますが、返済の見込みがなければ「お金を貸して。」という言葉さえ言わないほうがいいでしょう。
言われた人の中では「お金をやって縁を切る。」という人もいます。
一時のお金より一生の付き合いがある友達を選んだほうが良いです。

管理人は、実家に住んでいた時に、親に給料日前に3万円前後借りていました。
給料日にすぐ返済していたのですが、給料日1週間前にお金が無くなっているくらい使いまくっていたので、お金の管理を若いときからできている人になったほうが良いですよ!

総量規制で借りれないならおまとめローンか債務整理

消費者金融には総量規制があります。
年収の1/3以上借り入れすることはできませんので、それで審査に落ちている可能性もあります。

年収の1/3と言うのは、生活できるギリギリのラインと国が決めた基準です。
管理人も年収の1/3も借金を支払っていたら大変ですし、一人暮らしをしている人や実家を出ている人は、家賃だけでも年収の1/3くらいになる人も多いでしょうから、返済額が1/3くらいあったらとても生活できません。

おまとめローンで毎月の返済額を減らして、生活費や貯金ができるくらいの借金にしましょう。
また、借金を借金で返済するような自転車操業になりそうなら、今すぐ債務整理して下さい。

自己破産や任意整理になるかと思いますが、やる前はコワイと感じるでしょうし、借金ができなくなるというのはイヤかもしれません。
しかし、自転車操業のまま過ごしていても一生そのままです。
そして、急な出費があった時に破綻します。
ですので、キズが浅いうちに債務整理しましょう!

まとめ

年収の1/3以下の借金の審査が通らないというのは、あまり考えられません。
大手消費者金融で借り入れするのが一番安心ですが、大手消費者金融の審査が通らないのでしたら、中小の消費者金融に申し込みをしましょう!

うっかりヤミ金でお金を借りないように、注意して下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です