奨学金を返済できない人がやるべきこととは? 日本学生支援機構に相談する

奨学金を返済できない

奨学金は大学や専門学校などに通いたいがお金があまりない人向けの制度です。
奨学金によって大学を卒業して、一流企業に就職し、きちんと返済する人もいれば、就職がうまくいかないまま返済が始まってしまい、給料が少ないまま返済できなくて滞納してしまう人もいます。

借りたものは返さなければいけないのは当たり前です。
しかし、生活が苦しいのに無理に返済を続けると大変なことになってしまいます。

奨学金の返済で生活費も足りなくなり消費者金融からも借りているという人もいますが、最悪の場合、自己破産までしてしまう人もいます。
賛否両論ある制度ですが、大学を卒業することが一般化している現在では、奨学金を借りるのは当たり前のことですが、返済するのはかなりキツイようですね。
親子で協力しあって返済していくしか無いでしょう。

奨学金の減額返還や返済猶予願いがある

奨学金が払えなくなっている人の多くは収入が少ないか、支出が多いかのどちらかでしょう。
奨学金の返済をストップして貰う方法や減額返還して貰う方法があるのをご存知でしょうか。

年収300万円以下ということを証明すれば、奨学金の返済を一時的にストップしてもらうこともできますし、減額返還は返済金額を半額にしてもらうことができます。
証明する方法は、市役所などで所得証明書をもらってくるだけです。
年収が300万円を超えてしまうと申請しても意味がありません。

300万円以上もらっている人は、奨学金の返済はできるだろうという考え方なのでしょう。

奨学金制度の変更について(日本学生支援機構HPへ)

年収が300万円以上ある人は節約を考える

年収300万円以内ということは、手取りで月額20万円くらいになる計算です。
ギリギリ超えているという人は仕方がないかもしれませんが、奨学金の第一種と第二種で満額を借りてしまっている場合には、借金が約900万円になります。

毎月の返済額は約4万円となりますので、かなり厳しい状況でしょう。
これが1年や2年くらいなら何とか頑張れるのかもしれませんが、約20年返済しなければいけないのがキツイですね。

昔みたいに年功序列で、年齢が上がれば上がるほど給料が上がってくれれば良いのですが、今では中小企業では年功序列という制度はないに等しいのではないでしょうか。
そう考えると奨学金を借りてまで大学に行くのはちょっと考えものかもしれませんね。

まとめ

奨学金を満額借りないと大学を卒業できないという人もいるかもしれません。
しかし、後からのしかかってくる借金ですので、在学中にでも少しずつバイトをしたり生活費を節約して、借りる金額をできるだけ少なくしなければいけないでしょう。

完済するまでの期間が長ければ長いほど、結婚する人が少なくなってくるでしょうから少子化の影響も少なからずあるのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です