学生ローンとは? 学生専用キャッシング!お金を借りる前に勉強を忘れるな!

学生ローン

学生ローンとは、その名の通り、20歳以上の学生が借りれるローン(少額融資)のことを言います。
「おれ大学生だから借りれる!」と思う人もいるかもしれませんが、安定した収入がないと借りることは出来ません。
とはいっても、学生ローンなのでバイトでOKです。

じゃあキャッシングとどう違うの?

と聞かれるとあまり変わらないような気もしますが、一番は審査ではないでしょうか。
一般的なキャッシング(消費者金融)でも安定した収入があれば、アルバイトでもパートでも借りることは出来ます。

しかし、学生だとアルバイトをしていたとしても借りることが出来ないところもあります。

そういう学生のためのローンです。

今では、学生キャッシングというものがある消費者金融もあります。
学生ローンと同じ立ち位置の学生専用ってことですね。

『学生=両親がいるから大丈夫』という気持ちもあるでしょう。
親という保証人がいるので貸してくれていると考えても良いでしょうね。

収入はアルバイトやパートしかダメ?

「仕送りが10万円あるから大丈夫でしょ?」と言っても審査に通ることはありません。
たしかに仕送りも安定して収入と言えるかもしれません。
でも、嘘だという可能性もありますよね?

そして、あなたの親に確認することは出来ませんよね?
というか、お金を借りることを親にはなしてほしくないと思います。

きちんとした収入がなければ、学生ローンの審査が緩いとしても借りれないでしょう。
職場への在籍確認が必要だということですね。

学生ローンのメリットは?

学生ローンのメリットは、実質年率が大手消費者金融よりも安いという人もいますが、高いという人もいます。
実際には、学生ローンを提供している貸金業者によって異なります。

そもそも、学生には高額融資は出来ません

高くても50万円までですが、かなりの実績を積まないと50万円まで増額することは不可能でしょう。
ですから、多くても30万円くらいが最高額だと思っておいたほうがいいでしょう。

大金を融資できない = 金利で儲けることが出来ない ⇒ 金利を上げる

というような状況もあります。
学生ということで、返済が滞ってしまう可能性も無いとは言い切れません。
ですから、メリットは学生でも審査が通りやすいということでしょうね。

学生ローンのデメリットは?

デメリットは、金利が高いところがあるということと、学生なので返済できなくなる可能性がある。ということでしょう。

バイトと学業の両立は結構キツイと思います。
ましてや、一人暮らしでしたら節約するのも大変ですからね。
あまり大金を借りず、短期的に返済できるようにシュミレーションしておきましょう!

学生だけではなく、若い人が陥りやすいのが「消費者金融のカードを自分のカードと勘違いしてしまう。」ということです。
「まだお金を借りれるから大丈夫だなぁ!」と思っていると危ない状態です。

お金は借りたら変えなければいけませんし、たくさん借りれば利息が高くなってしまいます。
ですので、一時的に借りるということを頭に入れておかなければいけません。

学生ローンは取りっぱぐれなし?!

管理人が昔聞いた話だと、学生ローンは固い商売だと聞いたことがあります。
なぜだと思いますか?

答えは、『返済できなくなっても親がいるから』

20歳を超えていたとしても、学生のうちだと親に頼って返済してくれる人が多いからだそうです。
東京の高田馬場駅付近には学生ローンの看板が結構あります。(今は知りませんが…(笑))
学生が多いからそれだけ需要があるのでしょう。
もしあなたが借りるとしても、現在のバイト代や収入の範囲内で借りるようにしてくださいね。

最終的には親に連絡が行くことになるでしょうから。
※親への連絡は無いかもしれませんが、あるかもしれません。あくまでも聞いた話なので。

まとめ

学生専用ですが、基本的には学生のうちに借りておけば、大学を卒業した後でも借り入れはできるようです。
卒業までに完済してくれということではないので安心してください。

一度完済してしまえば、社会人の場合には再度借り入れできなくなることもあるかもしれません。 完済しているという実績があれば、社会人でも貸してくれる可能性は高いと思いますけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です