マンガでわかるキャッシングとカードローンの違い!

キャッシングもカードローンもお金を借りることには違いはありません。
しかし、なぜ呼び方が違うのでしょうか?
管理人は、大きな違いは無いと思っています。

結局はお金を貸してくれるところなので…。

基本的に、「キャッシング=消費者金融」
「カードローン=銀行系カードローン」とおぼえておいた間違いないです。

消費者金融では、収入証明書が必要となっていましたが、現在では、総額200万円までは収入証明書が要らないとHPに記載されているところが多いようです。

キャッシングは小口融資が基本

キャッシングの限度額っていくらか知っていますか?
管理人が今まで借りた消費者金融の中で一番高い限度額は100万円です。

昔、武富士で借りていて真面目に返済していた人なら「俺も100万円だった!」っていう人は多いと思います(笑)
管理人の先輩も100万円だと言っていましたから。
武富士以外だと、50万円が限度ってところが多いと思います。

本来、キャッシングは一括で返済できる小口融資のことを指していたそうです。
「10万円借りて、翌月に一括で返済する」という融資をキャッシングと読んでいました。
普通に考えて、50万円借りて一括返済できるなら、そもそも借りないって話なのですがね(笑)

簡単にまとめると、キャッシングは小口融資ということです。

今では、キャッシングは消費者金融という位置づけになっているので、キャッシング=消費者金融とおぼえておけば良いでしょう。

カードローンは小口融資~大口融資まで対応

キャッシングと違ってカードローンの限度額は『500万円までOK』とか『800万円までOK』ってところがあります。
当然、500万円を借りれる人は結構なお金持ちの人や国家公務員などのお硬い職業じゃないと審査が通らないとは思いますが…。

カードローンは銀行から借りる融資と考えておけば間違いないです。

  • 三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  • 三井住友銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン

上記3つは、CMでもよく見かける銀行系カードローンです。

最近では、アコムやアイフル、SMBCコンシューマーファイナンス プロミスでもカードローンという言葉を使っているので、実際には大きな違いは無いと思っててもいいと思います。
管理人的には、銀行系カードローンのほうが審査は厳しいと思っています。
しかし、収入証明が不要なのが銀行系カードローンの良いところでもあります。

「総量規制を作ったから、収入証明を出しなさい。」という法律を作ったにも関わらず、銀行系カードローンは収入証明が不要なところがあるという…。
総量規制には、車のローンや住宅ローンなどは含まれませんから、そっちをイメージするといいかもしれません。

まとめ

管理人的には、どちらも同じってことでOKだと思っています。
だってお金を貸してくれるなら助かるんだから、どこだって同じ。

ただ、あなたが借りやすい場所や借りやすい条件が合えば、キャッシングでもカードローンでもOKだと思います。

  • 振込融資をしてくれるところ。
  • 返済もネットで出来るところ
  • ATMが近くにあるところ
  • コンビニで融資&返済ができるところ

などなど、条件を見るようにしたほうがいいかもしれませんね。

どうしてもアイフルやアコムといった消費者金融は、名前を聞くと借りていることを恥じてしまう人もいると思いますから、銀行系カードローンのほうが借りやすいかもしれませんね。
どちらでもお金を借りるということには違いはありません。

実質年率も借入額が近ければそこまで大きな違いはありません。
しかし、実質年率が1%でも安くしたいと考えているなら、銀行系カードローンにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です