キャッシングとクレジットカードの違いとは?

キャッシングとクレジットカードの違い

キャッシングとクレジットカードは、どちらもお金を借りるという点では同じです。
どこが違うのかというと、お金を借りる方法でしょう。

キャッシングは現金を利息を払うという条件で借りる。
クレジットカードはカード会社にお店にお金を払ってくれて、後から口座引き落とししてもらう。

クレジットカードは延滞や分割払い、リボ払いということでない限り、手数料はかかりませんからただの後払いです。
クレジットカードはインターネットの決済とかでもよく使いますよね。

なぜ、キャッシングとクレジットカードがゴチャゴチャになってしまうのか?を管理人なりに考えてみました。

キャッシングとは?

キャッシングの元々の意味は、少額を短期間借りてすぐに返済する借金のことを言っていたようです。
5万円借りて、翌月に全額返済するということですね。

今では、キャッシングと言えば、消費者金融でお金を借りることを意味しています。
消費者金融も実績を作るまでは少額融資が基本となっているので、キャッシングとひとくくりにしてしまったのでしょう。

クレジットカードとは?

クレジットというのは、信用という意味で、「あなたを信用するから限度額まではお金を使っていいカード」というのがクレジットカードです。

前述したとおり、クレジットカードは、VISAやMasterCardなどの加盟店で利用できる後払いのカードです。
クレジットカード会社がお金を先に支払ってくれるというサービスで、「末締め、翌月末に口座引き落とし」というのが一般的な支払いサイクルになっています。

クレジットカードにはキャッシング枠も付いている

クレジットカードは、社会人になったステータスみたいなものですし、新入社員への勧誘なども多いことでしょう。
後払いということで、現金を持たなくてもいいってことが一番の利点ですが、使いすぎると1ヶ月後の支払いの時に大変なことになります。

ですから、計画的に使わなければいけないことはキャッシングもクレジットカードも同じです

クレジットカードのコワイところは、「毎日使っているとどれくらい使ったかわからなくなる。」というところでしょう。
「翌月の請求額が20万円超えていた。」というはなしはザラです。

近年では、スマホゲームのガチャなどに課金し過ぎで支払額が給料以上にきてしまったというはなしはよくあります。

また、クレジットカードにはキャッシング枠が付いています。
クレジットカードを作る時に、同時に申し込むことが多いと思いますが、キャッシング枠はキャッシングとして借りるので利息がかかります。
また、現金を銀行振込やATMなどで受け取ることができます。
クレジットカード(買い物用)の引き落としと同時に支払います。

クレジットカード枠とキャッシング枠の限度額は共有されていますので、キャッシング枠を使うとクレジットカード枠が減ることになります。
あなたの条件によって異なるとは思いますので、キャッシング枠を利用したい場合は事前に確認しましょう。

キャッシング枠の危険な罠とは?

クレジットカードのキャッシング枠の返済額は、1回払いかリボ払い(分割払い)になります。
利用金額によって、リボ払いの支払金額は変わりますが、通常だと1万円前後になるでしょう。
この1万円ずつというのがリボ払いの怖いところです。

借金が多ければ多いほど利息がかかってしまうのはお分かりかと思いますが、1万円ずつの返済だと元本の減りが遅くなってしまいますので、できれば一気に返済したいところです。

クレジットカードにもリボ払いは付いています。
『毎月5000円の支払いでOK!』ってCM見たことありますか?

これってキャッシングの最低支払額と同じで、元本があまり減らないです。
ですから、長い間、利息を支払い続けなければいけないという地獄のループにハマってしまう人が続出しています。

だって限度額までいくら使っても毎月5000円(10000円)の支払いでいいんですからね。

計画的じゃないと、限度額まで使いきって支払いのみになってしまう人が多いそうです。
最悪、破産or債務整理になってしまいますので注意が必要です。

クレジットカードのポイントは罠?!

クレジットカードを使う理由として、ポイントがつくからという人がいます。
しかし、リボ払いにしたことによって、ポイントよりも利息を払ってしまっているという人もたくさんいますので、注意しなければいけません。

毎月、きちんと一括払いで支払っている人にはポイントはありがたいですよね。
しかし、リボ払いにしてしまうくらいお金を使ってしまう人がどれくらい損しているか計算してみましょう。

例えば、リボ払いの限度額が30万円だとします。
30万円の買い物をして、1%のポイントが付いたとしても3,000円です。
楽天カードで楽天で買い物をしたとすれば、5%くらいポイントが付くので1万5千円分のポイントが付きます。

しかし、30万円全てをリボ払いにしたとすると、実質年率が18%だとすれば、ざっくり計算しても1年間で約5万円は利息を支払っているでしょう。
リボ払いを利用せずに、きちんと返済している人だったらポイント目当てでクレジットカードを使うのは良いのですが、リボ払いにしてしまうような人はクレジットカードを使わないほうが良いです。

おまけ:キャッシュカードが銀行口座のカード

キャッシュカードは知っていますよね?
キャッシュカードとキャッシングやクレジットカードがゴチャゴチャになってしまう人もたまにいると思います。
一応、おまけ程度なので知っている人はスルーしてくださいね!

キャッシュカードは、銀行や郵便局などで口座を開設した時に発行されるカードです。
主に、口座の入出金や振込などに使うことができます。
キャッシングやクレジットカードのように、お金を借りたり支払いすることは基本的にはできません。

最近では、クレジットカードとキャッシュカードが一体化しているものもあります。
管理人は、楽天銀行のデビットカードを利用していますが、キャッシュカードと一体化しています。
銀行や郵便局の口座を開設しただけでは一体化しませんのでわかるとは思いますが(笑)

まとめ

  • キャッシング = 貸金業者や銀行からお金を借りる
  • クレジットカード = カード会社が支払いを代行してくれる(キャッシング枠もあり)
  • キャッシュカード = 銀行や郵便局からお金の入出金や振込を行うためのカード

簡単に説明すると上記のような感じです。

ここまで難しく考えなくてもいいと思いますけど、クレジットカードやキャッシングを利用する場合には、どれくらいのお金を借りて利息を支払っているのかをきちんと把握しておくことが重要です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です