LINEポケットマネーの審査は?申込方法や審査を通過したコツとは。

出典:http://linescore-blog.line.me/

LINEポケットマネーは、日常的にLINEのサービスを利用している人におすすめです。LINE Credit株式会社(LINE Financial、みずほ銀行、オリエントコーポレーションが共同出資して設立したLINEグループ企業)が運営しています。

審査・融資体制はみずほ銀行、保証会社はオリエントコーポレーションとなっています。
ただし、事前に審査に通過していれば24時間いつでもお金を借りることができるので、万が一、財布を忘れてしまったり、レジで現金がなくなってしまっても、1円単位でお金を借りてLINE Payにチャージしておくことができます。

LINEポケットマネーは、テレビCMなどでも聞いたことがあるアイフルやアコムと同じようなキャッシングです。
LINE Payにチャージできるので、日頃からLINE payを利用している人がお金を借りるのには最適でしょう。
アイフルやアコムなどと違うのは、LINEポケットマネーを利用するのに登録しておかなければいけないサービスがあります。

  1. LINEアプリ
  2. LINEスコア
  3. LINE pay(要:本人確認)
  4. LINE家計簿(審査時に有利)

お金を貸すための審査に必要になるのですが、通常の消費者金融とは違い、LINEスコアやLINE payの登録が必要です。
LINE家計簿は必須ではありませんが、審査に有利になると言われています。
家計簿をきちんとつけておけば、お金の流れもわかりやすいため、お金を貸す側も返済能力があるのかを確認しやすいからでしょう。

LINEポケットマネーの特徴

  • 実質年率(金利)は3.0~18.0%
  • 1円からアプリ操作でお金が借りられ、利便性に優れている。
  • 限度額は5万円~300万円。 借り入れ・返済は電子マネー「LINE pay」を利用。
  • ATMや銀行振込の利用で、現金化も可能。(手数料税抜200円)

LINEポケットマネーの審査基準は?

LINEポケットマネーを申請できる人は、継続して安定した収入がある人です。
安定した収入がある人は、アルバイトでも応募することができます。
安定した収入があることの基準は、過去2~3ヶ月間に毎月1回以上の現金収入があることです。

専業主婦や無職で収入がない人は申し込みできません。

注意点としては、融資限度額が比較的低めに設定されている(100万円まで※複数回の融資が可能)、希望額を高額に設定してしまうと、審査に落ちてしまう可能性があることです。
アルバイトの方の場合は、融資限度額を10~20万円以下にしておいたほうが良いでしょう。

また、「総量規制」にも注意が必要です。
総量規制とは、貸金業法で定められた借入限度額のことです。すでに他の金融機関から年収の1/3以上の借入をしている場合は利用できません。

また、年収を理由に他の金融機関で断られてしまった方でも、融資を申し込むことができる場合があります。これは、審査の際に後述する「LINEスコア」というものを利用しているからです。

  • 「LINE アカウント」「LINE Pay」のLINE Moneyアカウントに登録済で、下記に該当する方
  • 新規契約時の年齢が満20歳以上、満66歳未満の安定かつ継続した収入の見込める方であること
  • LINE PayのアカウントタイプがLINE Moneyの方
  • LINE Scoreが201点以上の方
  • LINE Scoreのライフスタイルに関する質問に回答した方

LINEスコアが基準以内であること

出店:http://linescore-blog.line.me/archives/17810056.html

LINEポケットマネーの申し込みにはLINEスコアが必要です。
LINEスコアとは、あなたの信用力を数値化したLINE独自のサービスです。
スコアは1,000点満点で、スコアが高ければ高いほど信用度が高くなります。

このサービスで注目すべきは、「LINE家計簿」などのLINEサービスを利用しているかどうかでスコアが決まるという点です。
つまり、LINEサービスを利用すればするほど、LINEスコアが高くなるということです。
スコアはユーザーが確認することができ、アプリ内でスコアを確認することができます。
数字は定期的に更新され、新しいサービスを利用することでスコアがアップしていきます。

LINEポケットマネーの審査の流れ

LINEポケットマネーを利用するには、LINEスコアの登録が必要です。
まずは、LINEスコアの登録から始めてください。

LINEスコアに登録

  1. LINEアプリから「ウォレット」を選択
  2. ウォレット内の「スコア」を選択
  3. 利用規約に同意をする
  4. 個人情報を申請をする
  5. LINEスコアが算出
  6. 登録手続きが完了する

LINEスコアでチェックされているのは下記の項目でしょう。

  • 生年月日
  • 性別
  • 居住情報
  • 居住年数
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 勤務先の社員数
  • 昨年度の年収
  • 保険証の種類

安定した収入があることの確認のため、貸金業者にとっては当たり前の項目となっています。
LINEスコアは、あなたの信頼をAIがスコア化してくれます。
点数が低ければ、審査に落ちる可能性が高くなると考えてください。
お金を借りる際に重要と言われているのは、勤続年数と年収でしょう。
10万円程度の借り入れでしたら、年収はあまり高くなくても十分審査は通るので、年収が低い人は借入希望額を低めにしましょう。

LINEポケットマネーに申し込み

LINEポケットマネーの申込方法は下記の手順になります。

  1. LINEスコアを登録
  2. LINEポケットマネーに申し込み
  3. 必要書類のアップロード
  4. 申し込み情報を入力
  5. LINEスコア・必要情報などを元に審査
  6. 審査結果がLINEアカウントに通知される
  7. LINEスコアと銀行口座を連携させる

審査結果が出るまでには、最低でも1日(1営業日)はかかると思ったほうが良いでしょう。
即日融資はないと思って、余裕を持って申込みをしておきましょう。

LINEポケットマネーの申込みに必要な書類

LINEポケットマネーの申し込みには、本人確認書類と収入証明書類が必要です。
提出にはスマホのカメラで撮影したものをアップロードするので、事前に撮影しておきましょう。


本人確認書類

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • マイナンバーカード

収入証明書類

  • 源泉徴収票
  • 納税通知書
  • 納税証明書
  • 確定申告書
  • 直近2か月分の給与明細書
  • 年金通知書
  • 年金証書
[sen]

上記の中から、提出できる書類を用意しておくと申込みから審査までがスムーズに進みます。

LINEポケットマネーの審査を通過するには

LINEポケットマネーの審査は比較的ハードルが低いと言われています。
保証会社は「オリエントコーポレーション」なので、色んな所からお金を借りていたり、ブラックリスト(事故情報)が載っていなければ、特に問題はありません。

注意する点は2つでしょう。

[list class="li-yubi li-mainbdr main-c-before"]
  • LINEスコアで嘘をつかない
  • 同時に他社のキャッシングやクレジットカードに申し込みしない

LINEスコアの点数を上げるために、ちょっと嘘をついてしまう人もいますが、バレてしまうのでやめたほうが良いでしょう。
嘘をついているということがバレると信用がなくなります。
高額な融資をしてもらいたいからと言って嘘をついても良いことはありません。

また、同時に申し込みをすることはヤメてください。
「申し込みブラック」という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、あなたが申し込みをすると他社からの借り入れ情報をデータベースで確認します。
このデータベースには、借り入れ情報や延滞、事故情報だけではなく、〇〇会社があなたの情報を確認したということもわかります。
申込数が多ければ多いほど、「お金に困っている=返済できない人かも」となりますので、注意してください。

まとめ

LINEポケットマネーは、借りやすい消費者金融と言えるでしょう。
ブラックリストに載っていなくて、他社の借り入れが年収の1/3以内でしたら、厳しくないと考えれれます。

ネット上では、在籍確認がなかったという声もチラホラ見えますが、基本的には在籍確認があるものと考えていたほうが良いでしょう。

LINEアプリと連動している点から、LINEポケットマネーは、スマホユーザーの若者が中心のキャッシングサービスだと思います。
LINE Payにかんたんにチャージすることができるので、急な出費でお金がないときには重宝するでしょう。
しかし、自分のお金だと勘違いしやすいというデメリットもあります。
手軽に借りれるという反面、お金の借りすぎには注意しなければいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です