アイフルで借りる前に知っておきたい7つのポイント!

アイフルは大地真央さんがイメージキャラクターの大手消費者金融ですね。 アイフルも管理人はお世話になっていました。 そこまで長い期間ではなかったのですが、審査後、30万円借りることができたと記憶しています。 大手なので、全国各地に自動契約機や店舗があります。 土日祝日でも、自動契約機での申し込みが可能なので、即日キャッシングにも対応していますね。 借入や返済もセブン銀行やローソン・ファミリーマートのATMに三菱UFJ銀行・イオン銀行など、どこでも返済借入ができやすい状況なので、時間がない人でもコンビニでサクッと返済・借入ができます。
実質年率3.0%~18.0%
遅延利率20.0%(実質年率)
最低返済額4000円~
借入限度額~800万円
無利息サービスはじめての方なら最大30日間利息0円
申込から融資までの最短最短1時間融資
最短1時間融資の条件午前中の申込なら当日指定口座へ振込。ネットから申込後、フリーダイヤルへ電話すると審査時間が短縮。 ※受付時間によっては、振り込みが翌営業日となる場合があります。
審査の時間最短30分~
店舗所在地全国
無人契約機設置場所全国
返済システム借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
総量規制対象
専業主婦の申し込み×
レディースローン

アイフルってどんな業者?

アイフルは、1978年2月1日から運営されている消費者金融で大手消費者金融の一つでもあります。 若い人は知らないかもしれませんが、チワワのCMで超有名になりましたね。 チワワブームを作った消費者金融と言ってもいいかもしれません。 アイフル(AIFUL)の由来は、下記の英語の頭文字を取って作られました。
  • Affection(愛情や優しさ)
  • Improvement(努力や進歩)
  • Faithfulness(忠実や信頼)
  • Unity(結束)
  • Liveliness(活気良い)
現在では、チワワのCMではなく、大地真央さんがCMをやっていますね。 大手ならではの最短1時間融資や全国どこでも借りやすいというのが最大のメリットでしょう。

申込はインターネットで済ませておくと契約が早く終わる?

基本的な流れは、下記の4ステップです
  1. お申込み(インターネット・電話・来店)
  2. 審査
  3. 本契約手続き(インターネット・来店・郵送)
  4. 借入(店舗・ATM・銀行振込)
基本的には、全てご自宅でも申込は可能です。 ただ、早く借りたいという人は本契約手続きの時には来店したほうがいいでしょう。 来店は無人契約でんわBOXでもOKです。 本契約手続きとは、身分証や収入証明書(50万円以下or総額100万円以下なら無し)の提出です。 郵送でも可能ですが、お急ぎならご来店という形ですね。 はじめから来店されるという人は少ないと思います。 ですから、時間短縮のためにもインターネットから申し込みしておいたほうがいいと思います。 結局は来店しますが、早めに申し込んでいたほうが時間短縮にもなりますからね。

カードは無人契約機か自宅で受け取る

どうしても無人契約機に行きたくないって人はいますよね。 管理人も周りをキョロキョロ見ながら入っていました(笑) アイフルでは無人契約機(てまいらず)でカードを受け取ることもできます。 時間がかからないのは、「てまいらず(無人契約でんわBOX)」ですので、お急ぎの方はお近くの店舗を探しましょう。

アイフルでお金を借りるメリットは?

  • はじめての方なら最大30日間利息0円
  • 来店不要で最短1時間融資も可能
  • 最短30分で審査が完了
  • 最短1時間で融資できる
  • 大手消費者金融なので安心

はじめての方なら最大30日間利息0円サービス

アイフルでは、はじめて借りる方限定で30日間利息0円のサービスを行っています。 少額融資の場合だと、あまりメリットは感じられないかもしれませんが、ちょっとだけでも利息をサービスしてくれるのはうれしいことです! 契約日から30日間となっていますので、お金を借りていない場合でも無利息期間は過ぎてしまうと思います。 ですので、余裕を持って融資を受けたいと考えている人は、借りてから30日ではないということを頭に入れておきましょう!

来店不要で最短1時間融資も可能

大手消費者金融ならではのサービスで、申込みから借り入れ返済まで、全てインターネット上で完結できます。 極端な話、家から一歩も出なくても、申込みから完済までできてしまうくらい便利になっています。 必要書類やカードの発行は、郵送や無人契約ルームで受け取ることになっています。 現在は、スマホアプリを利用することでカードレスで使用することも可能になりました。

最短30分で審査が完了

申込みから審査が完了するまでに、最短30分で完了するようです。 申込みが多い時間帯に重なってしまうと時間がかかってしまいますが、申込みが少ないときになら最短30分というのは驚異的なスピードですね。 審査には、ある程度の目安になるということで、HP上でも1秒診断が用意されています。
  • 年齢
  • 雇用形態
  • 年収
  • 他社借入金額
上記4点を入れるだけで、借り入れ可能か診断してくれます。 面白いのが、専業主婦や無職の人には借り入れできないという結果が出るにもかかわらず、2つとも選択欄が用意されています(笑) 診断場所の近くに、太字か赤文字で「専業主婦・無職は不可」と書いていれば気が付くとは思うのですが…。 1秒診断に合格したからといって、必ず融資されるというわけではありませんので注意してくださいね。

最短1時間で融資できる

30分で審査が完了してしまえば、あとは融資してもらうだけです。 無人契約ルームでカードを受け取ってから、そのまま借り入れしても良いですし、会員サイトにログイン後、振込融資の予約をすることで、指定の銀行口座への振込をしてもらえます。 自宅から融資してもらうとなると、振込予約を取らなければいけませんが、時間が遅ければ振込できなくなってしまいますので、翌営業日の振込となってしまいます。

大手消費者金融なので安心

アイフルは、誰もが聞いたことがある消費者金融でしょう。 全くテレビを見ないという人でも、街中で看板などを見かけたことがあるのではないでしょうか。 当然、闇金ということもありませんし、貸金業法を違反するようなことはありません。 聞いたことがないような消費者金融で借りるくらいなら、アイフルに申し込みしたほうが良いでしょう。

アイフルのデメリットは?

  • 金利(実質年率)が高い
  • 振込が24時間対応ではない
  • 専業主婦は借りれない

金利(実質年率)が高い

金利(実質年率)が、「3.0%~18.0%」と銀行系カードローンと比べると高くなっています。 3.0%~となっていますが、100万円未満の融資に関しては、18.0%の金利(実質年率)が適用されていますので、殆どの方の金利は、18.0%になるでしょう。 消費者金融の中では、平均的な数値になっていますので特別高いというわけではありませんが、銀行系カードローンと比べてしまうと、3%~5%くらいは高くなってしまいます。 しかし、管理人のイメージだと、銀行系カードローンと比べると審査が厳しくない印象ですので、今すぐお金を借りたいという人はアイフルで借りたほうが早く借りれるでしょう。

振込が24時間対応ではない

「お金は借りたいけど、ATMに行きたくないから銀行振り込みしてほしい。」という人は少なくないでしょう。 管理人と同じです! アイフルでも当然、銀行振り込みでの対応はしてくれます。 しかし、残念なのは24時間振込対応している銀行が無い。というところです。 楽天銀行など、24時間振込確認ができる銀行もあるのですがアイフルでは対応していません。 急に付き合いで飲みに行かなければいけないってときに、アイフルのATMには入りづらいですからね。 提携しているコンビニATMや銀行で借り入れはできますが、アイフルのカードを見られたくないという人はちょっと不便かなぁと思います。

専業主婦は借りれない

専業主婦が借りれないというのはデメリットというよりは、当たり前という感覚でしょうが、消費者金融は基本的には専業主婦の方は借り入れできなくなっています。 「配偶者に安定した収入があればOK。」という場合もありますが、基本的に収入がある人にしかお金を貸してくれません。

金利と限度額は?

業者金利(実質年率)限度額
アイフル3.0%~18.0%~800万円
金利(実質年率)は、消費者金融の平均くらいになっていて、3.0%~18.0%となっています。 3.0%という金利は、300万円近く借り入れしている人に適用される金利なので、一般的には18.0%になっていると考えてください。 借入金額が100万円を超えると金利が少しだけ安くなりますが、初めて借りる人や短期間しか借りていない人が100万円を超える融資を受けることは稀なので、あなたには当てはまらないかもしれません。 限度額も800万円までとなっていますが、基本的に800万円借り入れできる人はいないと考えておいたほうが良いでしょう。 そもそも、総量規制があるので、800万円の融資を受けれる人は年収2400万円以上の人に限られます。 年収2400万円ある人が、800万円も借り入れするかというとしないと思いますので、不可能な金額ではないでしょうか。

申込方法や審査時間は?

申込方法は、「インターネット・来店(店舗、無人契約ルーム)・お電話」となっています。 ほとんどの方がインターネットで申し込みをするか、無人契約ルームで契約するかと思います。 一番手っ取り早いのは、インターネットで申し込みをして、無人契約ルームでカードを受け取るというのがスピーディーでしょう。 ただ、審査さえ通って融資可能となれば、振込予約をして振込融資を受けることもできますので、カードはなくても融資してもらうことはできます。 お電話での申込みには、「はじめてのお客様専用ダイヤル」や「女性専用ダイヤル」も用意されていますので、はじめてお金を借りる人はお電話で申し込みしたほうがわかりやすいかもしれません。 審査時間は、最短30分。 最短1時間で融資することも可能ということで、大手ならではのスピーディーさがウリです! 消費者金融の中でも1位2位を争うくらい早い融資スピードではないでしょうか。

申し込みに必要な書類は?

アイフル身分証 申込みに必要なものは、「本人確認書類・収入証明」になります。 身分証明証として一般的には、運転免許証が一番良いとされています。 もし運転免許証がなければ、「パスポート・公的証明書類・特別永住者証明書・在留カード・個人番号カード・住民基本台帳カード」など顔写真があるものが必要になります。 住民基本台帳カードは、役所にいけばすぐに作れるものなので、運転免許証がない場合には作りましょう。 保険証などの顔写真がないものでもOkなのかもしれませんが、アイフルのHPでは、記載されていませんので、顔写真があるものを用意するようにしましょう。 アイフル収入証明書 収入証明は全員が必要ではありません。 必要になる方は下記のような方です。
  • アイフルのご利用限度額が50万円を超える場合
  • アイフルのご利用限度額と他の貸金業者からのお借入総額が100万円を超える場合
  • 就業状況の確認等、審査の過程でご提出をお願いする場合
収入証明として認められるものは、「源泉徴収票・住民税決定通知書・給与明細書・確定申告書・所得証明書」などが必要になります。 注意事項として、給与明細に「発行年月」「氏名」「勤務先名」「総支給額」が明記されていない場合や手書き部分がある場合は、勤務先の社印もしくは社判が必要となります。 手書きの給与明細書をもらっている場合には、所得証明書や源泉徴収票など他の証明証を用意したほうが良いでしょう。

土日祝日も対応している?

申込みは、土日祝日も対応しています。 しかし、振込融資は対応できないので、ATMで借りることになるでしょう。 土日祝日のしごとが休みのときには在籍確認が取れないこともあるでしょうから、翌営業日まで審査が終わらないということもありますので、在籍確認が取れない人は、平日に申し込みをしたほうがスムーズになります。

借り入れと返済はどうすればいい?

アイフルを利用するときに借り入れと返済のやり方をご紹介します。 基本的には、アイフルのカードが必要になることを忘れないようにしましょう。 会員ページにログインして振込予約することもできるので、絶対にカードが必要というわけではありません。

借入方法はどうする?

借入するときには、いくつかの方法があります。
  • アイフルのATM
  • 提携CD/ATM
  • インターネットからの振込予約
  • フリーダイヤルから振込予約
  • アイフル店舗での融資
アイフルのATMは、アイフルの店舗の横に設置されていたり、無人契約ルームが設置されている近くにあります。 提携先には下記のコンビニATMや銀行があります。

借入可能な提携先

  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • 福岡銀行(借入のみ)
  • 熊本銀行(借入のみ)
  • 三菱UFJ銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 親和銀行
  • ローソン銀行
  • Enet コンビニATM
提携CD/ATMを利用すると利用手数料がかかりますので、何度も借入返済するときには一度にまとめたほうが良いでしょう。
取引金額入金出金
1万円以下108円108円
1万円超216円216円
手数料を何度も取られていると、意外と大きな金額になってきます。 アイフルATMだと手数料無料で取引できるようになっているので、できればアイフルATMを利用したほうが良いでしょう。

返済場所も色々あるの安心

冒頭でもいくつか返済場所を紹介しましたが、提携先は色々あります。
https://www.aiful.co.jp/topics/?cid=PF40H902
パット見でわかると思いますが、コンビニATMも提携されているので、全国各地どこでも利用することができるでしょう。 離島などはちょっとわかりませんが・・・。 個人的に気になったのが西日本シティ銀行や親和銀行です。 西日本シティ銀行は、福岡の人がよく使っている銀行だと思います。 親和銀行は長崎の人で持っている人は結構いるでしょう。 なぜなら、管理人は長崎出身で福岡にも住んだことがあるから(笑) 画像下には、ポプラという福岡ではよく見かけた珍しいコンビニも出ていますね。 アイフルって西日本が強いのかもしれませんね。

返済可能な提携先

  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 親和銀行
  • Enet コンビニATM
  • FamilyMart Famiポート
福岡銀行と熊本銀行では返済できなくなっていますので注意してください。 Famiポートで返済できるというのは、レシートを発行してレジで支払うというスタイルになっているかと思います。 ATMでの返済もできるので、わざわざFamiポートを利用する必要はないでしょう。

まとめ

アイフルの一番のメリットは、無利息サービスがあるということです。 はじめてお金を借りる人ってやっぱり怖いと思います。 マンガやドラマで過激な取り立てなどを見たことがある人はちょっと躊躇してしまうこともあるでしょう。 しかし、長年運営されてきているアイフルは、消費者金融の中でも3本指に入るくらい大手です。 ですので、安心してお金を借りてください。 そして、無利息期間中に完済しましょう!(笑) はじめてお金借りるならアイフルはおすすめですよ! 公式HPはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です