フクホーの審査がやさしいって本当?フクホーを借りる前に知っておきたい7つのポイント!

フクホーフクホーは中小の消費者金融といえると思います。
ご利用限度額は200万円までとなっていますが、はじめから高額融資は期待しないほうが良いと思います。
少額融資から徐々に枠が広がっていくイメージですね。
利息は7.3%~となっていますが、7,3%の利息になる人はほぼいないと考えておきましょう。

フクホーの店舗は大阪の難波店のみとなっています。
ですので、基本的にはインターネットで申込をして振込で融資を受けるという形になります。

セブンイレブンのマルチコピー機で契約書類を受け取ることができるのは、珍しいと思います。

実質年率7.3~18.0%
遅延利率20.0%(実質年率)
最低返済額4000円~
借入限度額1~200万円
無利息サービスなし
申込から融資までの最短即日(申込日当日)
即日融資の条件セブンイレブンのマルチコピー機の利用
審査の時間最短申し込み当日
店舗所在地難波店
無人契約機設置場所なし
返済システム元金自動返済方法・元利均等返済方式
総量規制対象
専業主婦の申し込み×
レディースローン

 

フクホーってどんな業者?

フクホーは創業1967年の老舗の消費者金融です。

昔からある街金といった存在だったのでしょう。
長年運営されているのは、地域の方への出資で長年運営されていることでしょうから、人情味がある消費者金融だということが想像できます。

今では、インターネットの普及によって全国の方への融資も対応しています。
申込みはインターネットからできますが、契約書は「セブンイレブンのマルチコピー機」や郵送での契約となりますし、借入や返済は基本的に振込で行われています。

大阪のなんば店のみで運営されているので、大阪の方でも知らない人が多いのではないでしょうか。
しかし、日本貸金業協会会員に登録されている正規の貸金業者です。

フクホーは、自己破産や債務整理をした人や多重債務者の方でもお金を借りることができたという口コミもありますので、特にブラックリストに載っているような人には重宝される消費者金融でしょう。

フクホーのメリットは?

フクホーのメリットや口コミをまとめました。

  • インターネット・電話で全国どこでも融資してもらえる
  • 他社に断られてもフクホーなら審査に通ることが多い
  • ブラックリストに載っている人でも借り入れできたという口コミが多い

インターネット・電話で全国どこでも融資してもらえる

フクホーは、大阪のなんば店のみでの運営となっていますが、インターネットや電話での申込みで全国どこからでも融資を受けることができるようになっています。

インターネットから申し込みをするよりも、電話で申し込みしたほうが早いという口コミもありますが、実際にはあまり変わりません。

電話で申し込みをすると、審査の結果や二次審査の連絡などもすべて電話でやり取りしなければいけなくなりますので、頻繁に電話があるのは困るという人はインターネットから申し込みをしましょう。

 

他社に断られてもフクホーなら審査に通ることが多い

フクホーの口コミの中には、大手消費者金融の審査に落ちたという人が、フクホーの審査には通って融資してもらったという口コミがあります。

大手消費者金融の審査に落ちる人は、多重債務者や他社の借り入れがある人が多いようです。

大手でも貸すのを躊躇してしまうような人にもお金を貸してくれる消費者金融は少ないでしょう。

ブラックリストに載っている人でも借り入れできたという口コミが多い

自己破産や債務整理している人にも融資をしてくれるという口コミを多く見ます。

ブラックリスト(事故情報)がある人には基本的に貸してくれる消費者金融(正規貸金業者)さんはありません。

しかし、フクホーでは申し込みしてきた人の状況などを詳しく聞いてから、融資の判断をしているようです。

ほとんどの消費者金融(貸金業者全般)やクレジットカード会社などは、ブラックリストがあれば融資することはありませんし、クレジットカードを発行してくれることもありません。

申込みをしてくれた全員にお金を貸してくれるということはないようなのですが、仕事をきちんとしている人でお金が必要な状況によっては、お金を貸してくれる人情派の消費者金融という口コミが多く目立っています。

 

フクホーのデメリットは?

フクホーのデメリットをまとめました。

  • 申込みから審査・融資までが長い時がある
  • 金利(実質年率)が高い
  • 店舗か振込のみでATMがないからちょっと不便

申込みから審査・融資までが長い時がある

インターネットや電話での申込みなのですが、審査には一次審査と二次審査があります。

体験談などを見てみると、一次審査は申込時の情報や借入状況などで社内での審査のようです。
二次審査が在籍確認などになるようですね。

HPでは、二次審査まで行うということは書いていませんので、あなたの借入状況や職場環境によって変わってくるかと思います。
「追加で確認したいことがある。」という連絡があったときには、必要なことを聞いて「再度審査に入る。」ということなので、これが二次審査でしょう。

審査には、当日に審査結果が出たという人もいますし、10日近くかかったという人もいます。

また、審査に通ったとしても、融資をする前に契約書を交わす必要があります。
郵送で契約書を交わす場合には、審査結果が出たあとに最低でも3日はかかると見ておいたほうが良さそうです。

2週間かかったという人もいるので、即日融資を期待するのはヤメたほうが良いでしょう。

金利(実質年率)が高い

フクホーの金利は、利息制限法で定められている上限に設定されています。
下記の表がフクホーの金利(実質年率)です。

5万円~10万円未満10万円~100万円未満100万円~200万円
7.30%~20.00%7.30%~18.00%7.30%~15.00%

7.30%~となっていますが、あなたが借入するときには、上限である「20.00%」や「18.00%」が適応されます。
あなたというか、借入している人全員が上限金利になっています。

大手消費者金融では、10万円未満の金利を設定しておらず、「100万円未満場合は18.0%」とされているところが多いので、フクホーの金利は高くなります。

また、はじめてフクホーでお金を借りる人は、融資してくれる金額が99,000円という人が多いです。(多分、全員が99,000円)

2%分の利息を儲けるために、10万円未満の融資をたくさんの人にしていると考えられるでしょう。
ですから、ブラックリストに載っている人でも審査に通るという人が出てくるのかもしれません。
10万円未満なら、頑張れば2,3ヶ月で返済できるでしょうからね。

店舗か振込のみでATMがないからちょっと不便

店舗が大阪のなんば店しかありませんので、多くの人が振込での融資と返済になるかと思います。

当然、ATMもありませんので、土日祝日に借り入れすることも返済することもできなくなってしまいます。

うっかり返済が遅れてしまうということもありますので、ちょっと不便ですね。

また、会員ページにログインしても借入状況の確認ができるだけで、返済日や元本や利息の返済状況なども確認できないようなので、大手消費者金融と比べると不便に感じるでしょう。

金利と限度額は?

業者金利(実質年率)限度額
フクホー7.3~20.0%5~200万円

フクホーの金利は、7.3~20.0%となっています。
フクホーも他社と同じく、20.0%の金利に適応されることがほとんどなので、7.3%というのはお飾り程度だと考えておいたほうが良いでしょう。

また、フクホーは借入額によって金利が変わりますが、他社とは違い細かくわけられています。

5万円~10万円未満10万円~100万円未満100万円~200万円
7.30%~20.00%7.30%~18.00%7.30%~15.00%

全ての最低金利(実質年率)が7.3%になっていますが、適用されることは0%だと思って下さい。
基本的には、一番高い金利になります。

限度額は200万円までとなっていますが、初めて借りる人は【99,000円の融資】というのが基本になっているようなので、増額されるのは長期間借入した人だけでしょう。

口コミを見ていると、10万円以上借入できる人が申し込みしてくることが少ないような気がします。

他社に借入がある場合には、審査に通ったとしても99,000円が上限だと考えておきましょう。

申込方法や審査時間は?

申込みはインターネットか電話、店舗での申し込みとなります。

電話だと待たされることもあるので、インターネットから申し込みをしたおいたほうが無難でしょう。

審査に通ったあとは、契約書にあなたがサインをして必要書類を提出してからの融資となります。
契約書は、セブンイレブンのマルチコピー機を利用してやり取りすることもできますし、郵送でやり取りすることもできます。

郵送だとかなり時間がかかってしまう(2週間かかった人もいるようです)ようなので、できればセブンイレブンのマルチコピー機を利用したほうが良いでしょう。

来店の場合には、その場で契約書を書いたり、身分証の確認ができるので融資も早くなります。

フクホーの申込方法

審査にかかる時間は人それぞれで、3日くらいで融資してもらっている人もいれば、2週間くらいかかってしまう人もいます。
来店できる人が早いということでもないようなので、あなたの信頼性や借入状況によっても審査の時間が大きく変わってしまうようです。

特に契約書のやり取りに時間がかかっているようですね。

また、必要書類が大手消費者金融と比べると多いので、事前に用意するようにしましょう。

  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポート等)
  • 所得を証明する書類(源泉徴収票、給与明細書、所得証明書等)
  • 住民票原本(本籍地記載分)、その他当社が必要と認めた書類

借入返済方法は?

借入も返済方法も2種類です。

  • 店舗
  • 銀行振込

店舗はなんば店のみですので、多くの人が銀行振込を利用することになるでしょう。
ATMを利用できないのはちょっと不便ですし、借入も返済も振込手数料がかかってしまうのが難点ですね。

フクホーのウワサ・口コミ

フクホーの口コミを色々と見てみると面白い?というか色んな口コミがあります。
良い口コミもありますが悪い口コミのほうが多いような気がいます。

良い口コミの中には、下記のようなものがあります。

  • 「債務整理後、事故情報が消えていないのに融資してもらうことができた。」
  • 「自己破産後、2年で借入れできた。」
  • 「借入200万円近くあるけど、9.9万円借入できました。」

長期間、お世話になっている人もいるそうで、増額をしてもらっている人も結構いるみたいです。

 

ただ、悪い口コミも目立つのがちょっと気になるところです。

  • 「電話の対応があまり良くない。」
  • 「融資額9.9万円にして、利息を20%にする。」
  • 「申込み後、10日以上経つのに連絡がない。」
  • 「申込み後、連絡がなく、他社から融資のDMが届いた。」

融資額9,9万円/利息20.0%というのは、10万円から利息が18.0%になるからでしょう。
フクホーで長い間取引している人は、増額してもらっているみたいですので、「うちに信用を作ってもらうと同時に、できるだけ利息で稼がせてもらおう!」という魂胆がありそうですね。
普通、キリが悪い9.9万円なんて貸さないでしょうから。

申込み後に、連絡がないという人も結構いるそうです。
これは、電話代の削減か手間を省いているのでしょう。審査に通った人には連絡しますからね。

他社金融機関からのDMが届くというのはちょっと怖いです。
取引している人(借りている人)は、「DMは届いたことがない」という口コミが見られるので、フクホーよりもランクが低い貸金業者へ紹介しているのかもしれません。
もしかすると、ヤミ金という可能性も無きにしもあらずといったところでしょうか。
まぁ確証はとれませんので、あくまでも管理人の想像です。

ゼニタロウのまとめ

管理人の考え方では、大手消費者から申し込みしていくというのがあたりまえだと思っています。
利息が安いところや大手で社会的地位が高いような消費者金融のほうが安心ですからね。

そう考えると、フクホーは自己破産や任意整理などの債務整理経験者や事故情報が載っている人。
また、4社目や5社目に申し込みしたほうがいいと思います。

中小の消費者金融は、基本はあとから申込。というのが管理人のスタイルです。

ですので、1社目2社目に申し込まないほうがいいと思います。
あまりメリットを感じられませんからね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です