ブラックリストでも作れるデビットカードとは? 16歳でも作れるクレカのようなカード!

デビットカードって知っていますか?

クレジットカード、キャッシングカード、キャッシュカード、デビットカード。
「色々ありすぎてわからない!」というあなた。
簡単ですから考えすぎないでくださいね!

楽天カードとデビットカード

デビットカードとは?

クレジットカードやキャッシュカード、キャッシングカードは分かる人が多いでしょう。
クレジットカードは、前借りで買い物や支払いができるカード。
キャッシュカードは、銀行口座から引き下ろしたり入金したりするカード。
キャッシングカードは、キャッシング会社からお金を借りるためのカード。

じゃあ、デビットカードは?

クレジットカードのように、お金をカードで支払うのですが、銀行口座に入っている金額が限度額になります。
要は、口座からお金を降ろさなくても口座のお金から支払いしてくれるというカードです。
クレジットカードのように後払いではなく、その場で口座からお金が引き落とされていきますので、カードの使い過ぎはありません。
口座にお金が入っていないと使えませんし、現金払いと同じなので、ブラックリストに載っていてクレジットカードが作れない人が作るカードと言ってもいいかもしれません。

デビットカードのメリットとは?

まずはメリットからお話しましょう。
  • 16歳からでも作れる(楽天デビットカード)
  • 口座に入っているお金が限度額になるので使いすぎることがない
  • ブラックリストに載っていても関係ない
  • クレジットカードが作れないけど、クレジットカード払いができる

自己破産や任意整理をした人が一番困ることがクレジットカードだと思います。
管理人も色々と困ることがありました。
特にネットショップや月会費がかかるようなサービスを利用するときには、クレジットカードでしか登録できないところもありますので困りますよね。

そんな時に見つけたのが楽天デビットカードでした。

クレジットカードを作れれない管理人にとってはありがたい存在でしたし、使いすぎることがないので安心できます。
楽天デビットカードのVISAは1,000円で2ポイントですがポイントがついてきますのでちょっとお得です。
JCBの楽天デビットカードは、1%のポイントが付きますので、クレジットカードとあまり変わりがないですね。
クレジットカードには、探せば2%近いポイントを付けてくれるところもありますので、色々探してみるよ良いです。

デビットカードのデメリットとは?

  • クレジットカードよりポイントが低い
  • 口座にお金が入っていないと利用できない
  • 年会費がかかる(楽天デビットカード)
  • クレジットヒストリー(クレヒス)ができない

クレジットカードと違いますので、出先で使うときには気をつけないければいけません。
「このカード使えません。」となってしまっては恥ずかしいですからね(笑)

楽天デビットカードは年会費がかかりますが、楽天会員のランクが高ければ年会費は無料になります。
管理人は、ダイヤモンド会員なのですが、年会費は無料になっていると思います。

クレジットヒストリーがないことがデメリットになる?

デビットカード意外なデメリットが、クレジットヒストリーができないということです。

通称、クレヒスと言われているもので、「あなたがどれだけのお金を借りてきちんと返済しているという記録」ですね。
クレヒスがある人と無い人の何がダメなのかというと、「どれだけの返済能力や約束を守ってくれる人なのかがわからない。」ということです。

ローンを組んでいる人は当然、クレヒスが溜まっています。
また、クレジットカードを利用することでも、クレヒスに載ることになります。

現金主義のほうが、絶対にお金は溜まりやすいですし、無駄な買い物をやらない人でしょう。
しかし、今後、家やマンションなどの大きな買い物をローンで購入するとなった時に、「あなたにお金を貸した時に、きちんと返済してくれるという信用が全然ありません。」

毎月返済を滞っていないという情報が載っていれば、後々にローンを組みたいとなった時に審査に通りやすいという事になります。
デビットカードで同じ金額を支払うならクレジットカードを利用していたほうが良いということですね。

デビットカードといえば

デビットカードで有名なのは、スルガ銀行と楽天銀行のデビットカードです。
管理人はどちらも作りました。
というか、初めはスルガ銀行のデビットカードを作りました。
しかし、辞めましたw
何故かと言うと、パスワードが多すぎるからです。
たしか、3つくらいパスワードがあります。
カードの暗証番号、ネットワーク暗証番号、デビットカード暗証番号。(最後は何となくなので間違っていると思います)

3つあるし、読み方が似ているからどれがどれだかわからない。
その頃は、デビットカードをあまり使っていなかったので、1ヶ月位経つと忘れるんです。

んで、パスワードの再発行。
パスワードの再発行も手順が面倒なのでもう辞めました。
多分2,3回パスワードの再発行しなきゃいけなくなったので(笑)

それで、楽天デビットカードを見つけたので乗り換えました。
楽天は暗証番号やパスワードもラクラクです。
4桁の数字とログインパスワードだけなので。
あとはIDを覚えておくだけ。

単純なので、デビットカード使うなら楽天デビットカードがオススメです。

セキュリティ的に不安だと思っている人もいるかと思いますが、最近ではかなり面倒なことになっていて、同じPCからログインするときも支店番号や口座番号、秘密の合言葉まで入力するはめに…。
更に振り込みの時にはメール認証とかも追加されているので、セキュリティがかなり面倒になっているのではないでしょうか。その分安心という方もいるとは思いますが。

ちなみに、現在は楽天クレジットカードも使っています。
申込したら1分くらいで審査OK出ました(笑)
限度額100万円とか…。
破産しないようにしないと(笑)

セキュリティを万全にしたいし、記憶力には自信があるという人はスルガ銀行でもいいかもしれませんね。

VISAデビットカードを扱っている銀行がかなり増えている!

この記事を書いたのは結構前で、2017年6月に更新したのですが、気がつけばデビットカードはかなり増えていました。
ここでは、VISAデビットカードの一覧があったので紹介します。

  • スルガ銀行:SURUGA Visaデビットカード
  • 楽天銀行:楽天銀行デビットカード
  • ジャパンネット銀行:JNBカードレスVisaデビット
  • りそな銀行:りそなVisaデビットカード
  • あおぞら銀行:あおぞらキャッシュカード・プラス
  • 埼玉りそな銀行:りそなVisaデビットカード
  • 三菱UFJ銀行:三菱UFJ-VISAデビット
  • 近畿大阪銀行:近畿大阪デビットカード
  • イオン銀行:イオンデビットカード
  • 琉球銀行:りゅうぎんVisaデビットカード
  • ソニー銀行:Sony Bank WALLET
  • 住信SBIネット銀行:Visaデビット付キャッシュカード
  • 北國銀行:北國Visaデビットカード
  • 三井住友銀行:SMBCデビット
  • 西日本シティ銀行:NCBデビット
  • 常陽銀行:JOYO CARD Debit
  • 北陸銀行:ほくぎんVisaデビット

まとめ

デビットカードの一番良いところは、お金の使いすぎがないということ。
また、ブラックリストに載っている人でも銀行口座さえ持っていればすぐに作ることができるというところです。

デビットカードは、ネットショップで利用する場合には、銀行振込と同じです。
決済はクレジットカードと同じですので、ネットショップで決済してもすぐに引き落としされますし、銀行振込と違って、残高さえあれば、何時でも決済してくれることが良いですね。

また、デビットカードを扱っている銀行によってポイントのサービスが全然違います。
あなたが楽天をよく利用するなら楽天ポイントが貯まる楽天デビットカードのほうが良いでしょうが、イオンをよく利用するならイオンデビットカードの方が良いでしょう。

いくつもありますので、あなたが得するデビットカードを使いましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です