総量規制でキャシングできる金額が少なくなった? そこまで影響は無い…

総量規制について

総量規制という言葉は知っている人はたくさんいると思います。
2010年6月18日に完全施行されました。

この頃のキャッシング会社のCMなどでも、「収入の1/3しか借りることができなくなります。」ということを目にした人も多いはずです。

このCMや広告などを目にした人の中に、
「おれ車のローン組んでるから借りれない…。」
「住宅ローン組んでいるけど、収入の1/3以下なわけないやん(笑)」
という人もいたのではないでしょうか?

当然ですが、総量規制には対象になる借入と除外、例外が存在しています。
住宅ローンや車ローンは有名だと思いますので、もう少し細かいところをお伝えしますね。

総量規制を正しく説明します

「どうでもいいから、正確に書かれているところを紹介してよ!」という人は、貸金業法のHPにある総量規制のページを見てください。⇒こちら

要点をまとめます。

  • 年収の1/3しか借入れできません。
  • 個人向け貸付だけが対象
  • 貸金業者は借りる人の情報をきちんと調べましょう。
  • 貸金業者1社で50万円以上貸す場合は収入証明が必要
  • 複数社で100万円以上借入がある場合には収入証明が必要

ざっとこんな感じですね。
一昔前までは、情報は調べるものの、各社の判断で融資していたと思います。
限度がありませんでしたから。

当サイトのどこかでもお話しましたが、昔、たくさんお金を集めたいって時に、大手から順番に回って審査をしてくる。
という話を書きました。
中小などの知名度がない貸金業者は、リスクを覚悟の上で貸さないと借りる人が少ないのです。

そうやって、200万円、300万円と膨らんでいった借金が返せなくなり、自己破産や債務整理が増えていきました。
そうやって自滅(破産)する人が多いから総量規制ができたのです。

大金を借りない限り、総量規制はあまり意味が無い?

管理人は総量規制の細かいところを見たところ、自己破産や債務整理者は減るのかもしれないが、借金で苦しむ人はあまり減らないのかな?と思いました。

たくさん借りれないようにしているものの、収入証明は100万円(1社50万円)以上はいらないということは、審査は甘くなるのかなと思いました。

また、個人向け貸付だけが対象ということです。

最近は、若い人の車離れという話をよく耳にしますが、車のローンは対象外です。
車のローン200万円 + キャッシング 100万円
これぐらいだったらよくありそうですよね?

年収が低ければ、破産する可能性は高いと思います。
管理人は230万円ぐらいでギブアップしたので(笑)

とにかく、総量規制があるから安心ということは無さそうです。

総量規制の除外、例外とは?

総量規制には除外していいものと、例外として借入を認められるものがあります。
いくつかあるので、貸金業法のHPの画像を拝借しました。⇒貸金業法のHPはこちら

総量規制について

上記の画像を見てもらえればわかる通り、車ローンや住宅ローンなどは除外されています。
また、担保があればOKということも書かれていますね。

例外でちょっと気になるところが…。
  • 緊急の医療費の貸付け
  • 個人事業主に対する貸付け

キャッシングしたお金の使い道を誰が確認するのか?
医療費の明細を持って行くとかしているのでしょうかね?
それとも自己申告でOKなのかな?
ちょっと疑問です。

あとは、個人事業主に対する貸付け。
個人事業主よりサラリーマンのほうが安定していますよね?
住宅ローンなどもサラリーマンのほうが通りやすいはずです。

んー。
こういう例外って誰が決めたのでしょうか(笑)
まあ、これでよしとなっているのでどうしようもないですが、ちょっとした疑問でした。
※詳細は調べてないので、知っている人がいたら教えて下さいm(__)m

クレジットカードのキャッシング枠は総量規制の対象になる?

クレジットカードを契約する時に、キャッシング枠をつけるかどうかということが聞かれたり、申込時にチェックを入れたりしているかと思います。
「もしものために、キャッシング枠を付けとくか!」という風に、キャッシング枠を付けている人は意外と多いのではないでしょうか。

そのキャッシング枠が総量規制の対象になるという噂がありました。
クレジットカードを3枚持っていたとして、キャッシング枠が合計50万円あったとします。
年収300万円の方は総量規制のよって最大100万円の借り入れしかできません。
「クレジットカードのキャッシング枠が50万円あるので、そこり50万円しかキャッシングできません」というような噂です。

答えは、NOです。

キャッシング枠があったとしても、借入していなければ情報が載りません。
借入した時点で、データベースに「この人、当社からお金借りましたよ!」というデータが載ります。
ですので、キャッシング枠があっても利用していなければ、総量規制に引っかかることはありません。

お金を借りなければ、いくらでも契約することができる?

昔、大金が必要だという人は、まず消費者金融を回って契約だけしてもらって、借り入れをせずに色んな消費者金融を回っていました。
借り入れがないので、ほとんどの消費者金融は融資をOKしてくれるのですが、実際は複数の消費者金融の借入枠がありますので、200万円くらいまでなら一日で借入枠を作ることができました。

ただし、「申し込みしましたよ!」というデータは載るので、同じ日に何度も消費者金融に申込をしていれば、審査で落とされるようになるでしょう。

このように、借入枠を限度額いっぱいまで借入していない状態で、他社の消費者金融に借入枠を作ってもらえれば、総量規制以上にお金を借りることは十分に可能です。
オススメはしませんが…。
もしかすると、借入枠まで貸金業者で共有しているのでしたら、この方法は利用できませんが、昔はできていましたというお話です。

まとめ

総量規制によって100万円以上のお金を借りにくい状況にはなっています。
それで破産する人が減るかというと、そうでもないかと感じています。

結局は、総量規制があってもなくても、自分の身は自分で守らなければいけません。
キャッシングをすることは悪くないですし、管理人も助けられてきました。
しかし使いすぎないように、計画的に利用しなければ破産しなければいけなくなってしまいますので注意してくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です