アルバイトでもキャッシングの審査に通る? 収入があればOK!

アルバイトしている人がキャッシング

「アルバイトでもキャッシングが通りますか?」という筆問はよくある質問ですね。
結論を先に言うとアルバイトでもキャッシングの審査に通り、お金を借りれます

ただ、注意したほうが良いポイントはあるので目を通しておいてください。

アルバイトでキャッシングの審査に通りやすいポイントとは?

「アルバイトだけどお金を借りたい!」って人でも様々です。
都内でアルバイトしている人であれば、年収300万円って人もいると思います。
逆に田舎の最低賃金でアルバイトしている人は、年収100万円って人もいるでしょう。

当然ですが、年収が高いほうが審査には通りやすいと言われていますが、年収も大切ですが安定性も重要になってきます
また、社会保険に加入しているかどうかでも違ってきます。
「ちゃんとお金を返済できるシッカリした人だろう!」と思えるような人が審査に通りやすいです。
ですから、アルバイトよりも正社員や公務員のほうが審査に通るのは当たり前です。
ですが、アルバイトだからといって、審査に通らないということはありませんから心配しないでください。

年収が低くても、収入さえあればキャッシングできます。
ただし、多くても50万円くらいまでしか融資してもらえないでしょう。
初めての申し込みだと、10万円~30万円が良いところです。

借りる場所を決める

借りる場所ですが、大きく分けて2種類です。

  • 消費者金融
  • 銀行系カードローン
消費者金融には総量規制というものがあります。⇒総量規制に

ついて詳しく知りたいならこちら
総量規制とは簡単に説明すると、年収の1/3までしか貸金業者から借りることができないという法律です。
年収100万円の人なら33万円。年収300万円の人なら100万円。

アルバイトでもお金を借りれますが、大金は借りれないと思っておいたほうがいいでしょう。
そもそも、大金を借りても返せなくなりますからヤメておきましょう。

銀行系カードローンは総量規制が対象外です。
総量規制がないのですが、その分審査が厳しくなると思っておいてください。
アルバイトでも審査が通らないということは無いとは思いますが、管理人は通る可能性は低いと考えています。

勤続年数も重要

勤続年数が2ヶ月の人と2年の人。信頼感が高いのは後者ですよね?
2ヶ月でも1ヶ月でも借りれないことはありませんが、銀行系カードローンはかなり厳しいと思います。
また、消費者金融のほうが審査がゆるいと言っても、融資額は10万円までといったように少額からの取引になると思います。

それでもお金を貸してくれるだけでありがたいと思いますけどね(笑)

短期間で色んな消費者金融に申し込まない

「お金は借りたいけど利息が安いほうがいいから銀行系カードローンに申し込もう!」ということは特に問題はありません。
ただし、審査に通らなかったからといって、短期間で複数のキャッシングを申し込むのは得策ではありません。

申し込みをするだけで貸金業者の中で「この人は、うちで審査をしましたよ!」というデータが約6ヶ月間残ってしまいます。
短期間で申し込みを何社も行うと、審査ブラックという状態になります。⇒ブラックリストについてはこちら

管理人が聞いた昔の話ですが、「当日に申込を回るのは3社まで。」という意味がわからない助言を頂いたことがあります(笑)
管理人が昔、「お金を100万円作りたい!」って思った時に、1社じゃ無理だから複数回りますよね?
何社回ったのかは忘れましたが、とある貸金業者さんに「何社も回ってますよね?」と言われたことがあります。

借入状況を共有していることは有名ですが、審査状況までも共有できていることは知らない人も多いかもしれません。
総量規制がある今では、「100万円作りたい!」というのはかなり厳しい状況です。

審査の時にウソをつかないようにする

アルバイトと言ってもシフトによっては、1ヶ月で20万円稼ぐ人もいれば10万円未満の人もいるでしょう。
業種によっても時給が変わりますから、ウソをついてもバレないと考える人もいます。

しかし、貸金業者は色んな人の職業や収入を審査の時に聞いています。
あなたのアルバイトのある程度の収入は把握していますし、勤務時間などを聞けばある程度の予測はできるものです。

そこで、あなたが多めに収入を書いて、申込の確認の時にボロを出してしまった時、審査に落ちてしまいます。
細かいところまで聞かれても対応できるという人もいますが、ウソを付く人を見分けるプロだと思っておいたほうが良いでしょう。
あなたが想像するよりも色んな人の顔を見ていますし、話し方も聞いています。
ウソをついたら、二度とお金を借りれなくなる可能性もありますので、ウソだけはヤメましょう。

借入の目的は何?

借入の目的は、生活費や冠婚葬祭、遊びや旅行といったところではないでしょうか。
キャッシングの借り入れ目的でNGなのは、「ギャンブル」や「事業資金」です。

「パチンコに行くのでお金を貸してください!」という人はいないと思いますが、審査に通りません。
しかし、パチンコに使うとしても、あなたが融資できると判断された場合には「レジャー目的にしておきますね!」と言われることもあります。
表向きはギャンブルはダメですが、融資できると判断された人に対しては、ギャンブル目的だとわかっても融資してくれるでしょう。

借入の目的で良いと聞いたことがあるのが、「レジャー、旅行代」です。
管理人的には、「自分の収入の範囲内で遊べよ!」と思うのですが、たまに遊びに行くためのお金は貸してくれるそうです。

一般的に、レジャーと言っておけば良いと言われていますので、「旅行に行くんです!」とか「友人の結婚式でスーツを揃えるのに…。」などと言っておけば大丈夫でしょう!

まとめ

管理人がアルバイトでお金を借りるとすれば、消費者金融に申込をします。
銀行ってお硬いイメージがあるじゃないですか?
消費者金融も銀行とつながっているので同じとは思うのですが、やはり審査がゆるいような気がします。

ですので、借りるなら消費者金融がオススメです。

どうしても利息が安い、銀行系カードローンで借りたいという人は、申し込みをするのは1社だけにしましょう。
「アルバイトでも勤続年数も1年以上だし、年収300万円ある!」という人なら余裕かもしれませんが、やはりアルバイトです。

審査ブラックにならないためにも、銀行系カードローンは1社。
審査に落ちたら、消費者金融で我慢する。
こんなプランがいいと思います。

あくまで管理人の考え方ですが、参考にしてみてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です