トマト銀行 カードローン「キューリ」

トマト銀行カードローンは、審査に通過して口座振込が間に合えば、即日振込みも可能になっています。
ご契約金額が200万円以下の融資のみとなっていますが、初回で200万円以上の融資を受けれる可能性は低いでしょう。
ですから、審査さえ通ってしまえば、即日融資も可能な銀行系カードローンです。

ほとんどの銀行系カードローンが即日融資はできないですし、融資までに1週間以上かかることも珍しくないので、トマト銀行カードローン「キューリ」は消費者金融と同じくらい融資までが早いと考えても良いでしょう。

また、トマト銀行の管轄内だけではなく、全国から申し込みできますので、「トマト銀行? キューリ?」と思った人でも融資を受けることは可能です。

即日融資可能で、金利(実質年率)も大手消費者金融よりも安い14.5%だと消費者金融は勝てませんね!

実質年率3.0%~14.5%
遅延利率14.5%(実質年率)
最低返済額2000円~
返済日毎月15日
借入限度額10~1000万円
年齢満20歳以上 満68歳以下
無利息サービス無し
申込から融資までの最短即日(申込日当日)
200万円以下の融資、振込先はご本人の口座。
返済システム残高スライド方式
総量規制対象外
専業主婦の申し込み
パート・アルバイト
申込方法電話、インターネット、スマートフォン、 携帯、FAX、郵送、店頭
申込みから借入の流れ仮審査お申し込み ⇒ 審査結果連絡 ⇒ 郵送・来店など(即日振込み可能) ⇒ カードの郵送
借入方法ATM・提携ATM
利用可能ATMトマト銀行ATM・セブン銀行ATM・ゆうちょ銀行ATM・イオン銀行ATM・ローソンATM・E-net
必要書類本人確認資料・所得確認資料(50万円以上の融資の場合)

トマト銀行 カードローン「キューリ」のメリットは?

トマト銀行カードローン「キューリ」は、岡山市内に本店があるトマト銀行が手がけている一般個人向けのカードローンです。

使い道は原則として自由で担保や保証人が必要ないほか、スマートフォンやパソコンからは来店不要で簡単に申し込みができるところがメリットです。

ほかにも利用限度額が最大で1000万円までと大型の融資にも対応してもらえるほか、金利もきわめて低く、毎月の返済も2000円からで済む点などがメリットとして挙げられます。

トマト銀行 カードローン「キューリ」のデメリットは?

トマト銀行カードローン「キューリ」は銀行ならではの設計のためにデメリットはあまりありませんが、強いて言えば返済を銀行ではなく提携しているコンビニエンスストアなどに設置されたATMから行う場合に、所定の手数料が発生してしまう可能性があることが挙げられます。

ほかには限度額の設定などによっては、年収を確認できる書類として所得証明書や確定申告書、会社が発行する源泉徴収票などの提出が必要になることがあります。

トマト銀行 カードローン「キューリ」の金利と限度額は?

トマト銀行カードローン「キューリ」の金利は年間で最低3.0パーセントから最大14.5パーセントの固定金利がとられています。

利率は限度額の設定によって決まります。

限度額は最大の場合が1000万円まで、最低の場合が10万円からとなっています。

限度額が50万円以下の設定になっている場合には利率も年14.5パーセントが適用されますが、900万円超の場合には年3.0パーセントの最低金利が適用されるため、金額が高くなるほど有利です。

利用限度額金利(実質年率)
10万円以上~50万円以下年14.5%
50万円超~100万円以下年14.0%
100万円超~200万円以下年12.5%
200万円超~300万円以下年9.5%
300万円超~500万円以下年6.5%
500万円超~700万円以下年5.0%
700万円超~900万円以下年4.0%
900万円超~1,000万円以下年3.0%

トマト銀行 カードローン「キューリ」の申込方法や審査時間は?

トマト銀行カードローン「キューリ」の申込方法としてポピュラーなのはインターネットを使う方法で、この場合には必要最低限の事項だけ入力して申し込み、審査後に郵送または来店により契約書などを提出するクイック申し込みと、すべての項目を入力するためインターネットだけで契約までの手続きができる通常申し込みのいずれかを選択できます。

ほかにはフリーダイヤル、FAX、郵送の方法があります。

審査は当日中には完了し、銀行としては珍しく即日振り込みで借り入れも可能です。

トマト銀行 カードローン「キューリ」の借入返済方法は?

トマト銀行カードローン「キューリ」の借入方法ですが、ローン専用カードを使って銀行または全国にある提携機関のATMからその都度希望する金額を借り入れることが可能です。

返済方法については、同様にローンカードを使ってATMから随時返済する方法もありますが、一般には毎月定例返済として、その時点での借入残高を基準として、本人があらかじめ指定したトマト銀行の返済用預金口座から自動で引き落としされる方法が用いられます。

前月15日の借入残高最低返済金額
2,000円以上~10万円以下2,000円
10万円超~20万円以下4,000円
20万円超~30万円以下6,000円
30万円超~90万円以下以下貸越残高が10万円増す毎に2,000円追加
90万円超~100万円以下20,000円
100万円超~200万円以下30,000円
200万円超~300万円以下40,000円
300万円超~900万円以下以下貸越残高が100万円増す毎に10,000円追加
900万円超~1,000万円110,000円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です