足利銀行 あしぎんカードローン“Mo・Shi・Ca”(モシカ)

あしぎんカードローン “Mo・Shi・Ca”(モシカ)のメリットとは?

あしぎんカードローンは、モシカの愛称で呼ばれていますが、銀行系のカードローンとして、さまざまなメリットをもっています。

銀行といえば審査がきびしいのが定番となっていますが、このカードローンでは、パートやアルバイトなどの年収が不安定な人でも申し込みを受け付けています。

また、インターネットや電話、ファクシミリの手段を使えば、自宅に居ながら申し込みをすることも可能で、わざわざ足利銀行の店舗の窓口まで出向く必要がありません。

クレジットカードの引き落とし日の残高不足などの際にも、オートチャージ機能を使った融資が可能で、通常の融資とあわせて便利に使うことができます。

しかも、年会費や入会金はすべて無料にもなっています。

あしぎんカードローン “Mo・Shi・Ca”(モシカ)のデメリットとは?

あしぎんカードローンのモシカには、メリットだけではなく、デメリットもありますので、条件を考えながら申し込みをするのがよいでしょう。

たとえば、足利銀行の公式ホームページからの申し込みの場合は、基本的には銀行まで来店する必要はなく、インターネットだけで契約まで完結させることが可能ですが、足利銀行の口座をもっていない人の場合には、返済用の口座作成のため、やはり来店が必要になることがあります

また、足利銀行は地方銀行のため、栃木県、群馬県、茨城県、東京都、埼玉県などの営業エリアに本人が住んでいることなどが申し込みの条件とされており、いくら自宅からの申し込みが可能とはいっても、住所地の関係で受付ができないことがあります。

あしぎんカードローン “Mo・Shi・Ca”(モシカ)の金利(実質年率)と限度額は?

あしぎんカードローンは、利用限度額に応じて、金利の水準が段階的に変化するしくみになっています。

たとえば、この金額が100万円以内の比較的小口の融資にとどまる場合には、実質年率ベースで14.8パーセントとなります。

いっぽう、金額的には最高の500万円クラスになると、実質年率は5.8パーセントまで低くなります。

そのため、基本的には大きな金額の借入れができる人ほど、金利負担は軽減され、メリットが大きいといえますが、銀行系のために小口であっても極端に高利にはなっておらず、他の銀行や消費者金融、信販会社などと比較すると、かなり有利な条件での借入ができる可能性があります。

なお、利用限度額は審査の上で決定されるため、かならずしも本人の希望が通るわけではありません。

あしぎんカードローン “Mo・Shi・Ca”(モシカ)の申し込みや審査時間は?

あしぎんカードローンの申し込み方法としては、パソコンやスマートフォン、電話、ファクシミリ、郵送のなかから選ぶことができます。

なかでも、パソコンやスマートフォンを使ったインターネットによる方法が、もっとも簡単で時間がかからず、この方法であれば、審査の結果は原則として電子メールでの回答となります。

郵送や電話などの他の方法の場合は、結果は電話による回答となってしまいます。

この審査結果の連絡についてですが、最短の場合、申し込みをした当日中とされています。

即日融資が可能かどうかですが、残念ながら、最短の場合でも翌日となり、本人があらかじめ指定しておいた銀行口座への振込みによって入金するスタイルになっています。

あしぎんカードローン “Mo・Shi・Ca”(モシカ)の借入・返済方法とは?

あしぎんカードローンによる借入方法は、基本的には正式に契約を結んだあとで、銀行から郵送されてくる専用のローンカードを使って、全国のコンビニエンスストアや足利銀行のATMから行うことになっています。

稼働時間内であればいつでも利用でき、千円単位の少額からでも受付をしています。

ただし、急ぎの場合には、専用ローンカードが郵送されるまでに時間がかかりますので、あらかじめ銀行口座を指定しておき、正式契約後にその口座に銀行振込で入金してもらう方法をとることも可能です。

返済については、毎月の基準日現在での利用残高に応じて、指定口座から自動的に引き落とされることになっています。

ただし、余裕がある場合は、全国のコンビニエンスストアのATMなどから、繰り上げて返済することもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です