第三銀行カードローン「SUN」は消費者金融よりもお得?! 金利は比較的安めなので少額融資ならオススメ!

<p>第三銀行カードローン「SUN」

第三銀行カードローン「SUN」は、第三銀行の営業所・支店がある地域に住んでいる方で、安定した収入がある人なら誰でも申し込みできる銀行系カードローンです。

保証会社であるアコム㈱の保証を受けることができれば、誰でもOKですので、消費者金融の審査に通る人なら、ほとんどの方が審査に通ると予想されます。

また、パートやアルバイト、専業主婦、年金受給者の方も利用することができますので、収入が継続してあれば誰でも借りることができるので、金利を考えると消費者金融よりもお得なカードローン言えるでしょう。

第三銀行の口座を持っていない人でも、WEBの申込みだけで完結してしまいますので、銀行に顔を出す手間が省けるのが最大のメリットでしょう。
ただし、ご利用カードが郵送で届くまでは融資を受けることができないことと、ATMを利用しなければいけないので、手数料がかかってしまうというデメリットもあります。

頻繁に借入返済を行う場合には、手数料だけは注意しておかなければいけないでしょう。

実質年率6.8%~14.5%
遅延利率18.25%(実質年率)
最低返済額2000円~
返済日毎月6日
借入限度額10~500万円
年齢満20歳以上満70歳以下
無利息サービス無し
審査の時間申込後、1営業日~
返済システム残高スライド方式
総量規制対象外
専業主婦の申し込み
パート・アルバイト
申込方法インターネット・FAX・電話
申込みから借入の流れ事前審査お申込み ⇒ メールで審査結果 ⇒ ご契約手続き&本人確認書類のアップロード ⇒ ご利用カード郵送 ⇒ ATMで利用
借入方法ATM
利用可能ATM第三銀行ATM・セブン銀行・E-net・イオン銀行・ゆうちょ銀行
必要書類本人確認資料・印鑑・所得確認資料(50万円以上の融資の場合)

第三銀行 カードローン「SUN」のメリットは?

第三銀行カードローン「SUN」は、三重県松阪市に本店を置く地方銀行の第三銀行が個人向けに取り扱っているカードローン商品の一種です。

第三銀行のカードローンにはほかにも銘柄がありますが、こちらは限度額が500万円までの小型のタイプで、キャッシングのように随時利用するのに適しています。

それだけに来店は不要で、パソコンやスマートフォンからインターネットで申し込み、そのまま契約までの手続きが一気にできるところがメリットになっています。

第三銀行 カードローン「SUN」のデメリットは?

第三銀行カードローン「SUN」のデメリットとしては、金利の設定が最低でも年6.8パーセントからと、他の大手の銀行などと比較した場合にやや高めになっていることが挙げられます。

低金利をうたっている他の銀行でも、限度額が少ない場合には最高金利に近い利率が適用されてしまうことから、実際問題としてはそれほど影響がない可能性もありますが、あらかじめ返済のシミュレーションをするなどして留意したい点のひとつといえます。

第三銀行 カードローン「SUN」の金利と限度額は?

第三銀行カードローン「SUN」の金利は最低で年間6.8パーセント、最高で14.5パーセントとなっています。

利用限度額は最低10万円から最高500万円までで、10万円単位で本人の希望と審査の結果によって決定されます。

利用限度額の大きさによって融資されるときの利率も段階的に異なっており、90万円までの限度額が設定されている場合は年率で14.5パーセントですが、限度額が400万円を超えれば6.8パーセントが適用されて有利となります。

ご利用限度額ご融資利率(実質年率)
10万円~90万円年14.5%
100万円~190万円年12.8%
200万円~290万円年9.8%
300万円~390万円年7.8%
400万円~500万円年6.8%

第三銀行 カードローン「SUN」の申込方法や審査時間は?

第三銀行カードローン「SUN」はインターネット、窓口および郵送の方法のいずれかの申込方法を選択することが可能です。

インターネットの場合は専用フォームに入力して送信すると事前審査結果が通知され、その後に運転免許証などの本人確認書類をアップロードして正式な契約手続きをするため、来店はいっさい不要です。

審査時間は早い場合でも1営業日程度のため、基本的には申し込んだ日の翌営業日以降に審査結果が通知されてきます。

第三銀行 カードローン「SUN」の借入返済方法は?

第三銀行カードローン「SUN」の借入方法は、第三銀行店舗に設置されたATMかコンビニエンスストア、その他の銀行の提携ATMからカードを利用して希望額を随時引き出す方法になります。

第三銀行のATMの場合は365日いつでも利用手数料は無料です。

返済方法としては、毎月6日に前月の利用残高に応じた金額を指定口座から自動引き落としにするのが一般的ですが、ほかにも窓口やATMから返済することもできます。この場合は任意返済の形式として扱われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です