ゆうちょ銀行カードローン したく

ゆうちょ銀行カードローン したく 「ゆうちょ銀行カードローン したく」という商品名になっていますが、スルガ銀行のローンの媒介をしているだけなので、契約自体はスルガ銀行との契約となっています。

スルガ銀行のローンなので、ゆうちょ銀行カードローンの申込みをしたとしても、スルガ銀行の審査になりますので、仲介人としてのゆうちょ銀行の一手間が時間がかかってしまうことになってしまいます。

普段、ゆうちょ銀行を頻繁に利用している人が利便性を考えてゆうちょ銀行カードローンに申し込みをするのはOKだと思いますが、申込みから融資までの時間がかかるので、即日にお金が必要という人にとってはあまりオススメできないでしょう。

実質年率7.0%~14.9%
遅延利率19.5%(実質年率)
最低返済額3000円~
借入限度額10万円〜500万円
無利息サービス
申込から融資までの最短
即日融資の条件
審査の時間最短、申込当日
店舗所在地全国
無人契約機設置場所
返済システム残高スライドリボルビング方式
総量規制対象外
専業主婦の申し込み×
レディースローン×

ゆうちょ銀行カードローン したくのメリットとは?

ゆうちょ銀行カードローンしたくは、実際にはスルガ銀行とのローン契約を、銀行代理業者としてのゆうちょ銀行が媒介する形式になっています。

しかし、長年の信用をもつゆうちょ銀行がバックになっているところから、他のカードローンにはない抜群の安心感があるほか、全国に店舗網をもつゆうちょ銀行のATMを利用した借入れができ、とりわけ便利なところはメリットといえます。

ほかにも、このカードローンの申し込みにあたっては、入会金や年会費はいっさい不要になっており、利用限度額も500万円まで対応していますので、一度にまとまった金額を借り入れたり、長い期間にわたって継続的に借り入れたりする場合にも、返済計画に大きなゆとりが生まれます。

ゆうちょ銀行カードローン したくのデメリットとは?

ゆうちょ銀行カードローンしたくは、利便性、信頼性などのメリットがあることはたしかですが、デメリットがないわけではありません。

このカードローンは、申し込みを受け付けているのがゆうちょ銀行とはいっても、実際の契約はスルガ銀行との間で交わすことになるため、正式契約に至るまでに、ゆうちょ銀行とスルガ銀行との内部的な事務手続きが発生します。

そのため、他の銀行カードローンと比較すると、融資が受けられるまでにかなりの期間がかかってしまい、すぐにでもお金を借りたい時間的な余裕のない人にとっては、あまり適切とはいえないものになっています。

もしも迅速さを重視するのであれば、最初からゆうちょ銀行を経由せずに、スルガ銀行本体をはじめ、別の銀行カードローンを申し込んだほうがよいこともあります。

ゆうちょ銀行カードローン したくの金利(実質年率)と限度額は?

このゆうちょ銀行カードローンの金利についてですが、基本は実質年率で7.0パーセントから14.9パーセントとなっており、この範囲内でスルガ銀行が融資限度額などの要素に応じて定めることになっています。

カードローンを初めて利用する場合や、融資限度額がごく少額の場合には、14.9パーセントの金利が適用される可能性が高いものの、水準としては、他の銀行ローンと比較しても、ごく平均的なものにとどまりね消費者金融などから借入れをするよりは有利になるケースが多いとみられます。

不安がある場合には、具体的な返済の条件に応じたシミュレーションなどをしてもらい、納得した上で、申し込みや契約をするのがよいといえるでしょう。

ゆうちょ銀行カードローン したくの申し込みや審査時間は?

ゆうちょ銀行カードローンの申し込み方法としては、ゆうちょ銀行の店頭の窓口で対面で行うのが一般的ですが、そのほかにも、インターネットから、またはカードローンデスクへの電話を通じて申し込むことが可能です。

審査の結果は、原則として電話または郵送となりますが、最短の場合には、当日中に回答をもらうことができます。

承認された場合、申込書が自宅に郵送されますので、必要事項を記入して返送すると、折り返しカードが送付されてきます。

このカードローンでの即日融資が可能かどうかですが、残念ながら対応しておらず、審査が迅速に進んだとしても、カードの交付までには2週間程度が必要となることがあります。そのため、実際の融資はかなり遅れてカードの到着後となります。

ゆうちょ銀行カードローン したくの借入・返済方法とは?

ゆうちょ銀行カードローンの借入方法ですが、ゆうちょ銀行、スルガ銀行の店舗内か、ほかに全国の提携金融機関、コンビニエンスストア、ショッピングセンターなどに設置されているATMなどから、限度額の範囲内で、随時出金をすることが可能となっています。

ゆうちょ銀行経由であれば、所定の時間内における手数料が無料になります。

また、返済については、利用残高に応じて、ミニマムペイメントとして、一定の金額以上を支払うかたちになります。

基本は毎月の約定返済日にあわせて、ATMまたは銀行振込での入金となります。

ただし、期日を待たずに随時入金をしておくことも可能で、この場合は金利の負担がそれだけ少なくなるので有利となります。

まとめ

即日融資は厳しいということなので、時間的に余裕がある人でゆうちょ銀行を利用しているという人にとってはオススメできるカードローンです。

しかし、契約自体はスルガ銀行との契約となりますので、ゆうちょ銀行カードローンにこだわる必要性はあまりないように感じます。

ゆうちょ銀行が好きって人は、申し込みして下さい!

早くお金を借りたいという人は消費者金融に申し込みすることをオススメします!
午前中に申し込みが終われば、午後に融資してもらえるというのが消費者金融です!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です